苔 鮮 化 症 候 群 (慢性型)
 
症状・定義
  大小の脱毛域 皮膚の炎症 表皮肥厚 色素沈着 趨壁 脂漏 雲脂様の痂皮
 
原因群
  アレルギー(ハウスダストアトピー ダニ・アレルギー 食餌性アレルギー 草木アレルギー  )
  寄生虫 (毛包虫・アカルス 疥癬虫 家庭ダニ 蚤 ケイレテイラ 真菌感染)
  自己免疫 (尋常性天疱瘡 紅斑性天疱瘡 落葉性天疱瘡 増殖性天疱瘡 類天疱瘡
  ホシト・小柳天疱瘡 ジュウリング疹 皮脂腺炎 )
  ホルモン性 (甲状腺 性腺 去勢後 雌性化症候群 卵巣切除後 卵巣腫瘍 黄体遺残症)
  慢性皮膚病の終末に起きる皮膚変化症候群
 
診断条件
  原疾患特有原因の追及
 
治療
 発症原因の治療を優先する
  皮膚の苔鮮化症候はISK液の1日1回以上外用塗布を継続
  ステロイド剤は錠剤での内服は禁句 体重1kg当たり0.13mg以上は使用しない

   
以下写真の症例で困っている方はTOPページ50の皮膚病相談をクリック

****************************************

 動物皮膚病図鑑   皮膚科 動物病院   2012/05/25日号   通巻14号

 キーワード 皮膚病 アレルギー ハウスダストアトピー 苔癬化症候群 ステロイド剤 シャンプー


1.患犬の病歴   ラブラドール 避妊雌 7歳 25kg   栄養低下   
   
プロフィール 

      数年前から皮膚病が始まり近くの動物病院で血液検査を受け処方食のフードを勧められ

     ステロイド剤
(10日毎に1)とシャンプー(隔日)の治療指示受け、

       此を継続したが症状が改善されず、日にちの経過と共に患部の色素沈着がは拡大して悪化の一方であった。

       インターネツトで動物病院に皮膚科があるのを知り当院を受診に至った。


2.診察時の画像  (下の画像は当皮膚科を受診時の皮膚変化) 

初診時の頸の下の皮膚色素沈着

頸の下広域炎症性の色素沈着

 前胸部の炎症で痒がる
腋窩から下腹部に大班性病変
下腹部から内股にかけて広域病変    体下面の赤色色素沈着性病変

  3.検査 
  
 血液検査 ALB(蛋白質)2.8  ALKP(肝機能) 65 ALT(肝機能)20 GLU(血糖) 90
         CHOL (コレステロール) 156 BUN(腎機能)5 TRIG(中性脂肪)44

  ホルモン検査 Corti (副腎皮質ホルモン)1.23 T3 (甲状腺ホルモン) 0.26  
       T4 (甲状腺ホルモン)1.96  FT3(甲状腺ホルモン) 1.32↓FT4
         (甲状腺ホルモン)0.58


       寄生虫検査  毛包虫  疥癬  ダニ  何れも陰性

 4.診断    アレルギー性鮮化症候群(慢性型)

           検査結果から  栄養低下、副腎ホルモン低下 および 甲状腺ホルモン低下

           ビタミン等 各種栄養低下があった。

 
 
5.治療方針 診断結果による 
抗アレルギー剤のコンピューター処方 1日3回分服

           皮膚の色素沈着には ISK液 を毎日塗布 ビタミン剤 A EFの内服

           舌下減感作液 1万倍液から開始  
             シャンプーは当分禁止の厳守
6.注意事項 症状好転するまで内服薬は1日3回分服する事。

         シャンプー禁止・散歩後の四肢・肉球間の水洗い禁止の厳守
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 動物皮膚病図鑑   皮膚科 動物病院   2012/06/25日号   通巻17号

 
キーワード 皮膚病 アレルギー ハウスダストアトピー 苔癬化症候群 シャンプー 


1.患犬の病歴   プロフィール
  
芝犬 避妊雌 12歳 10kg  栄養低下
  

 2-3年前に皮膚病になる、近隣の動物病院でシャンプー、ステロイド、抗生剤の

 治療を継続していたが、脱毛・掻痒・発赤・色素沈着が酷くなりシャンプーを

 頻回に指導されたが、益々悪くなったので転医・来診した

2.初診時の画像  (下の画像は当皮膚科へ来診時の皮膚変化) 

 眼瞼頬の周囲脱毛.色素沈着   腋窩.前胸皮膚紅調掻痒  下腹部・内股全面炎症性脱毛
 大腿後面炎症.色素沈着
   大腿側面飛節広域脱毛病変     尾根脱毛苔癬化趨壁性病変

  3.検査 
  血液検査 ALB(蛋白質)1.9
↓↓  ALKP(肝機能) 62 ALT(肝機能) 93 
        GLU(血糖) 89 CHOL (コレステロール) 120 BUN(腎機能) 22          TRIG(中性脂肪)31

  ホルモン検査  Corti (副腎皮質ホルモン)2.24   T3 (甲状腺ホルモン)0.31↓↓  
            T4 (甲状腺ホルモン)1.77  FT3(甲状腺ホルモン)1.71 
            FT4 (甲状腺ホルモン)0.64

    寄生虫検査   疥癬 毛包虫 ダニ 何れも陰性

    4.診断
    アレルギー性 苔癬化症候群

    5.治療方針  

       アレルギー (コンピュター自動処方)

甲状腺ホルモンの補充 ビタミン剤 A  EF

外用薬効 ISKを毎日色素沈着部位に塗布する

舌下減感作 1万倍から開始

飼育指導

栄養改善 固形フード半分、人の食事半分 牛乳 魚を多く与える

シャンプー禁止、散歩運動から帰ってから足を洗わない、拭くだけ

  動物皮膚病図鑑   皮膚科 動物病院   2012/11/05日号   通巻30号

 キーワード 
皮膚病 色素沈着 苔癬化症候群 ハウスダストアトピー 甲状腺不全

1.患犬の病歴
      プロフィール     

       ウエスティー  避妊雌  7歳  6.5kg   栄養 中  

       生後3ヵ月で毛包虫の治療歴がある。その後皮膚の炎症が広がり

       四肢と腋窩から下腹部に広く脱毛・色素沈着が進行して掻痒が酷くなり、

       油脂性の臭気が強く難治性となり来診した。

           
 
2.初診時の画像
                                 

 慢性の皮膚炎で色素沈着が顕著  腋窩の皮膚肥厚し脱毛色素沈着が著明
 胸から腹部の皺壁形成し慢性病変
 頭部・頸には色素沈着は無い
 背面脱毛炎症が有るが色素沈着は無い   色素沈着の治療塗布薬

    3.検査 
     
血液検査 ALB(蛋白質)2.9 ALKP(肝機能) 124 ALT(肝機能) 12 GLU(血糖) 92

           CHOL (コレステロール) 92 BUN(腎機能) 4 TRIG(中性脂肪)35

      ホルモン検査 Corti (副腎皮質ホルモン)4.77 T3 (甲状腺ホルモン)4.77↓

   T4 (甲状腺ホルモン)1.35 FT3(甲状腺ホルモン)1.46  FT4 (甲状腺ホルモン)0.29

         皮膚寄生虫検査 毛包虫 疥癬虫 ダニ 何れも陰性 

    
4.診断   

 アレルギー  苔癬化症候群  内分泌不全  (甲状腺機能低下)

治療 欠乏している甲状腺を補充のため甲状腺剤の補給を基幹した処方

アレルギーコンピュター自動処方 1日3回 分服

               ビタミン A EF 1日2回 分服

色素沈着にはISKを1日1回 筆で塗布
  

  5.治療方針 
              
        甲状腺ホルモンの源材料である沃素の補給、コレステロールを補充目的の食餌

        
 
皮膚の改善目的で亜鉛とカルシュウム及び海藻を毎日食餌に与えること

        
 
複合ビタミン A  E Fで被毛回復成長を促進させる。 

   動物皮膚病図鑑        2014/10/15日号           通巻78号

   キーワード  皮膚病  苔癬化症候群 ステロイド(通常の5.5倍量)の副作用 ハウスダストアトピー

  
     プロフール 
  
  パグ 避妊雌 7歳 7kg 栄養中の下

  A 2年半前にお尻が剥げたので動物病院で診察を受けたが診断名無く、ステロイドの1/2錠剤を12回内服を継続した。

  B 7日に1回のシヤンプーを継続していたが皮膚が黒くなったのでアカルスの薬を2カ月間内服した。

  C 脱毛した痕の皮膚の色素沈着が全身に拡大したのでホームページで皮膚科 動物病院を知り来診した。

   註 診断なくしてステロイド剤の内服(通常の5.5倍量)を継続していた。

   註 皮膚が色素沈着したのでアカルスの確認せずアカルスの薬を2カ月間内服。

   註 皮膚の色素沈着にシヤンプーを原因・診断せずに対症的に毎週した。

        当院の初診察時の写真6枚何れも色素沈着・苔癬化症候群
  

A 眼瞼周囲・口唇・首下などに限定した脱毛の皮膚が慢性化と肥厚し色素沈着を起こしているのは、特定の犬種に多発するアカントージス・ニグリカンスである。

B 前胸から肘関節・前足の広域に皮膚の肥厚・色素沈着・落屑がある、此の犬種に多発する慢性の皮膚病で原因はアレルギー体質・ハウスダストアトピーの
慢性化に起因している。

C 前胸・腋窩・肘から前肢内側面の皮膚は皺襞性に肥厚があり色素沈着を起こしているのは、ハウスダストアトピーの初期治療が不完全の時に発生する。

D 後足・踵から肢先の表面で慢性化したハウスダストアトピーの皮膚症状で苔癬化症候群・アカントージス・ニグリカンスである。

E 肛門・会陰・大腿後面の色素沈着。肥厚した皮膚は不妊手術による性ホルモン欠損が原因の特徴的付随皮膚症状と解釈するのが正しい。

F 両後足の踵域の脱毛性色素沈着は何れもハウスダストアトピーの治療が不満足の場合に発生する場所で慢性化の特徴と理解する。


     検 査
      ホルモン検査 Corti(副腎・ステロイド)2.39   T3(甲状腺ホルモン)0.28  T4(甲状腺ホルモン)1.47 

                       fT3(甲状腺ホルモン)2.01   fT4 (甲状腺ホルモン)0.39


        血 液 検 査 ALB(タンパク質)2.5  ALKP(肝機能)65  ALT(肝機能) 16  GLU(血糖) 82

 
                    CHOL(コレステロール)110   BUN(腎機能) 8   TRIG(中性脂肪)40

            皮膚掻爬検査     毛包虫(―) 疥癬虫(―)

   診 断
             基礎疾患  アレルギー・ハウスダストアトピーの 慢性化による苔癬化症候群に進展した

  此の犬種特有のアカントージス・ニグリカンス 原因はステロイドの間欠的(通常の5.5倍量)の内服継続で発症した。

    治 療
           ハウスダストアトピーの自動処方・13回内服    ビタミンA EF剤を13回内服

      色素沈着の皮膚にはISKの塗布薬を毎日散歩前に塗布して皮膚の新陳代謝を促進する

         抗生剤は不使用 シヤンプーはタール系ならば使用可・以外は不可    高蛋白食を与え栄養改善を図る。

 註 初にハウスダストアトピーの診断で抗アレルギ−剤を使用していればここ迄苔癬化の色素沈着は悪化しないであろう。

 註 慢性化の原因は初期の正確な診断が無かったことに起因している。

   註 無診断でステロイド(通常の5.5倍量)間欠的に使用して慢性化に移行し苔癬化症候群となった。  

     指 導 

        シヤンプーは禁止(皮膚バリアの破壊・アレルギー物質・細菌の侵入助長)

     食餌はフード1/2 人用食事(味付け)1/213回薬と同時に与える。

       散歩・運動は舗装した人車の多い繁華街にする、

   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                                                                  Topページに戻る