臨 床 獣 医 師 関 連 ペ ー ジ


                 開業歴60数年の経験を開示します

   1.皮膚病診断は軽重ではなく数字で
     初診 再診 重症での12段階に細目数値化診断する
       処方印刷しカルテに貼るだけ

  2.
部位別臨床画像数 280で視診で正確な診断で治療完璧
    無駄 高価な検査をせずに視診・画像で診断可能な方法

  3.全身性毛包虫症42日て完治する 立体的複合治療方法開示


     皮膚科 臨床の極意事項を毎日視覚で習得可能提示

     
   *****************************************

  
皮膚病の軽重を数値化・診断・処方・印刷し高度化

  処方は 初診 再診 重症と個別印刷・カルテに貼る

 ***********************************************

  
診断が大切です 皮膚病の軽重を数値2.8から4.0の13段階に細く分類する

   全身を細かく 10部位に分けて 変化無しは 0. 1.2.3 
最悪は3の4分割評価
 
  


   病変部は表に指定してある患部を4段階評価して記入すると合計数が表示

   皮膚病の評価部位は1から10の各部位の診断・評価値を入力し総合点数
   10項目の総合点が変換数値・右のグレイド数値に置き換えて完了。

  皮膚病の軽重を13段階に細分化して、適正な治療方法・薬量・指定が可能

      
 印刷して飼い主に文書交付は信頼度が高まる 

  
***************************************************************

       *** コンピュータ自動処方で短時間・正確・誤認防止 ***


       以下当院で使用しています・印刷・カルテし・に貼り付けて使用例


      

     自動処方の基本形表示

   初めに 
患犬名前 体重kg 患犬病態グレード 処方日数を入力する

     薬品記号 投与略称と容量・単位が原則mgか錠単位に表示
     略語と本体の詳細は列記して有ります。

            **********************************

   治療効果を示すために
 
         初診時に投与する 臨床効果的の推薦する自動処方例
      

          /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


      再診時から使用する 標準的 自動処方


      

      ---------------------------------------------------------------------------------------------

      皮膚病が3.6以上の重症な場合に適する自動処方

      


     皮膚病の変化は常に変動するので、最適の処方を使用するには
         皮膚病変化に即応する 処方をするのが大切な基本です



   
2020年度版 アレルギー・ハウスダスト診断・自動処方分譲価額

    アナログ・デジタル転換・初診・再診・重症自動処方 

              4本組頒布 価格\60.000.-

      印刷し すぐにカルテに貼り付け 調剤に入れます


   *********************************************************
  
//////////////////////////////////////////////////////////
    
         
皮膚病の診断は皮膚の観察を重視する

           全身患部 部位別280画像収録

   全身各部位 詳細に分析しグレイド(指数化)して数値処方の理論簡素化

  耳介の炎症    眼瞼・周囲炎症    口唇周囲炎症   顎下・頸部炎症

         アレルギー体質は全身各所に発生

  前肢・肘の炎症   指間舐性炎症  四肢肉球間炎症  腋窩・前胸炎症

        肘の付け根・・四肢肉球間が早く出る

 体側の炎症  下腹部炎症  内股の炎症

          下腹部・内股が中期に炎症出現

 大腿側面炎症    大腿後面炎症  尾の周囲炎症

                  大腿後面炎症は去勢・不妊手術例で多発する

    ハウスダストアトピー デジタル 13階級に鑑別する画像群 解説

    
パワーポイントにての図解・グレイド指示で容易に理解する

          特別追加企画 4部構成・参考文特記

  飼育・管理・指導・提言の各項目を細分化して治療効果発現条項収録
         
    頒布価 \20.000.-   
全身患部別280画像収録

*********************************************************************

  
全身性毛包虫症・60日完全治癒・方法解説

  
立体的治療方法 パワーポイント にて

  体質改善内服 外用殺虫 注射殺虫 内服殺虫 統合治療方法

         斬新な短期 完全治癒の方法解説

  
治療開始42日目で皮膚完治 念の為21日継続内服

   転医2回初診時       治療開始21日後       完全治療42日目  
   前医・診断・なしで半年以上シャンプーとステロイド剤で治療中転医する
     

  初診時・前医誤診断     治療開始21日後      完全治療42日目 
    前医・かゆみ止め・ステロイド剤・シャンプーのみ継続・悪化転医する

  
42日で治癒するが 再発症防止で念の為21日継続内服指示

    立体的治療方法の解析
       内服薬処方の開示 抗ヒスタミン剤の詳細容量指示

   
パワーポイントで解説 頒布価 \15.000.-
 
  ------------------------------------------------------------------------

   
 皮膚病の過半数はアレルギー 特にハウスダストアトピーです

        ステロイド剤を使いすぎて ステロイド中毒(副作用)を誘発する

    如何にステロイドを減量してアレルギーをコントロールするか

    従来の概念を根本から変えて 最小限の容量で治癒させること

    
錠剤投与は危険 1kgあたり 0.1mg以下の投与量が副作用防止

 ステロイドの錠剤投与は未成熟・無責任な治療
 
  ステロイドの錠剤投与は副作用・危険・禁止

  *** 希望者は e-mail を記載し 現金書留で申し込みください *** 


        
〒 251-0038 神奈川県藤沢市鵠沼松が岡2-17-5    




                                                                    ページに戻る