皮膚病有料相談コーナー

あなたの皮膚病ペットを早く治してあげましょう。

必ず電話連絡してからにして下さい。

電話の受付時間は確認してください。



71.メール 診 断
次の幾つかの条件を用意してください。
01

皮膚病写真を6-7枚、患部の近景・遠景、ピントの良い写真 
     
(メールに添付の事)

注意 メール添付写真は4cm4四方に縮小して添付。

02

種類・年齢・性別(不妊・去勢の有無)・体重kg単位・性質・食餌内容

03

発病した年月・最初に発病した部位・どの様であったか

04

治療していれば、診断名と治療方法・治療期間

05

現在どのような治療をしているか。症状と治療経過出来るだけ詳細に

06

今までに検査をしてあれば その結果の詳細なデーターの一覧表

07

痒み・ふけ・舐性・化膿・かさぶた・色素沈着・抜け毛・脱毛・斑状・発赤・腫脹・臭気・脂漏性・出血・動物や人に感染

以上がどの程度あるのか。

08

送り先
251-0038 藤沢市鵠沼松が岡2-17-5 皮膚科・動物病院

返信用封筒に住所 氏名を記入してあること。

メールアドレスを併記してあれば早期に回答が可能。

09

回答の返信は仕事上、若干の日数が掛かります。

10

皮膚病相談料(写真・同封)診断・治療の場合は\10,000-。

  必要書類を送付前に必ず電話で詳細を確認のこと

                TEL 0466-22-3981

 電話連絡は (火・土・日)の 8.30-12 ・13-16.00 の間に

    それ以外は留守電で応答できません。

   治療には保険が適用できません

      (但し来診の方は保険使用が適用出来ます)
 


遠方で来診出来ない方は画像診断し

検査は地元か指定した検査資料・材料を到着後検査・診断して治療開始します。

遠隔地でも 診断・治療が受けられます。

皮膚病から早く解放してあげて下さい。

電話は (火・土・日)の 8.30-12 ・13-16 の間に、それ以外は留守電で応答できません。

------------------------------------------------------------------------

Topページに戻る
***********************************************************************************

               72. セカンドオピニオン

    
第三者よる専門的立場から公正な分析判断・意見を利害関係なく述べる制度
   A. 患犬の現在の診断・治療に就いて何らかの疑問がある場合 ??
   B. 今の診断・治療に満足できない状況にある場合 ??
   C. 今後の診断・治療方法に疑問がある場合・未来の方針について ??
   D. 上記A.B.C.について第三者の参考意見を聞きたい場合。

   当皮膚科(臨床経験60年・皮膚科30年以上の)助言を希望する方は下記の方法で
   
1. 種類 年齢 性別 (去勢・不妊) 体重
     2.  過去の診断名 病歴 検査結果 治療歴 その経過
  
 3.  現在の
 診断名 検査成績 治療方法 薬品名と量の使用方法
   
4.  写真 過去から健在までの記録写真 (経時的)を多数
   
5.  費用 \10.000.- 回答用メールアドレスを明記 現金書留に同封のこと
   6.  解析・意見を1週間前後にメールにて結果を差し上げます
  
 7. 郵便番号 251-0038 藤沢市鵠沼松ケ岡2-17-5 皮膚科 動物病院 宛


     必要書類を送付前に必ず電話で詳細を確認して下さい  TEL 0466-22-3981 

                    Topページに戻る

********************************************************************************************************

52膿皮症 特効塗布薬

抗生剤に抵抗力を持った細菌感染=慢性膿皮症用
非抗生剤で特別処方した塗布薬
特にシャンプーした痕に発生する膿皮症に適用


毎日1回よく振ってから薄く塗布する


3・4日から1週間で回復します
但しシャンプーをしないで下さい
30ml 税送料とも \5.000.-
詳細は電話で診断後お送りします 

                             Topページに戻る

************************************************

53慢性皮膚 色素沈着 苔鮮化症候群 塗布特効薬

皮膚のターンオバーを促進して新生皮膚の促進剤
1日1回 スプレイ か筆で塗布する
1ヵ月で効果が証明出来ます



慢性皮膚炎の原因を同時に治療しながら塗布します
原因はアレルギー・ハウスダストアトピー・毛包虫症(アカルス)を同時に治療

100ml 税送料とも \5.000.-
詳細は電話で診断後お送りします 

                                                     Topページに戻る

********************************************

      54. 慢性細菌感染外耳炎 (含マラセチア菌) 点耳薬

     抗生剤連用による多剤耐性細菌感染性(含マラセチア菌)外耳炎の
自宅療法
     複数の抗生剤を長期連用で細菌へ効果が無くなるのを
多剤耐性細菌感染と呼ぶ
     本剤は通常の治療では治らない外耳炎(非抗生剤)の強力殺菌剤です

   方 法 
        
最初 仙石細菌を0.5ml点耳マッサージ後 綿棒5-6本掃除をする
        朝−仙石 細菌
点耳マッサージ   夕方−仙石マラセチア 点耳マッサージ 
        ** 用量 患犬の大小に依り 1回 0.2-0.4mlを点耳する
          A. 酷い場合 毎日朝夕2回点耳 連続3週間後 Bへ (Aと100の間隔30分) 
       B.
 中度の場合  毎日 朝(仙石 細菌)  夕(仙石マラセチア)点耳 連続2週間後 Cへ 
          C. 軽い場合 初め1週は毎日 朝夕点耳、 2週より3日間隔で点耳
       D. 経過良好の場合5−7日の間隔で朝(細菌)夕(マラセチア)点耳を維持する
       * 用量 1回に 0.2--0.4mlを点耳・良くマッサージだけです     
       * 註 薬液は人肌に温めて点耳する、冷たいと嫌悪反応を起こします


慢性の外耳炎は根気よく治療すれば治ります
手術しなくても自宅で根気よく治療法を続けると治ります
各10ml (仙石細菌と仙石マラセチアの) 2本 税送料共 \3.800.-
詳細は電話で 診断後お送りします 
/////////////////////////////////////////////

                                               Topページに戻る