41  皮膚アレルギーの知識    2017/06/01

      アレルギーの分類

      即時性  食餌アレルギーは食後数分に頭部が腫れ・痒み・掻く反応出

   遅延性   食餌アレルギーは食後数時間以後に体に腫れ・痒み・掻く反応出

      皮膚アレルギー分類

      ハウスダスト 食餌 草木 鉱物 その他
  

          皮膚アレルギー代表的各部位 (写真8)

 頭部 口唇 指間 赤く腫れ痒い  眼瞼周囲  両側口唇 脱毛 炎症      頸の下 肩周囲 脱毛 炎症     上下の前面 脱毛 炎症

   肘の外側 脱毛 炎症     四肢の肉球間 脱毛 炎症    腋窩 前胸 脱毛 炎症   胸側  大腿側面  踵 脱毛 炎症


     眼瞼周囲 口唇 肘 腋窩 指間 肉球間 下腹部 体側 踵 外陰部 尾 各部に脱毛 炎症 

     皮膚アレルギー症状 

      発赤 炎症 掻痒 舐性 色素沈着 フケ 痂皮 脂漏 細菌感染 

     皮膚アレルギー診断と誤診断

     特定部位に発症 経過が長い 耐薬性 難治性
   
  

        誤診皮膚病  アカルス 疥癬 真菌 膿皮症 自己免疫不全

      皮膚アレルギー検査 (写真)
   

         IgE検査 高価で信頼性が低い 低確率 皮内検査偽陽性 

      ホルモン検査

      甲状腺機能低下症(T3が低下・T4は正常・副腎皮質変化) 

      皮膚アレルギー治療薬剤 

     

          10種類以上の抗アレルギーの粉薬が有効 (コンピューター処方)

   
   ** 
2-3種類の錠剤だけでは無効の確率が極めて高い ** 

       皮膚アレルギー治療期間

           軽症で2年 中症で3年 重症で4年以上掛かる

       皮膚アレルギーと食餌 (缶詰・ドライフード) 

     処方食餌 (缶詰・ドライフード) 1月使用して効果があれぱアレルゲン確定

           処方食餌 (缶詰・ドライフード) 1月使用して無効果で検査結果無効と判定

     食餌アレルギーは全アレルギーの数%以内で極めて少ない症例である

            皮膚アレルギーとシャンプー

       シャンプーに含まれ界面活性が皮膚のバリア機能を破壊してアレルゲンの
       侵入を助けアレルギー体質に誘導する

       皮膚が濡れると細菌感染・増殖して膿皮症を併発する

     皮膚アレルギーと散歩

            人車の多い舗装道路は神経刺激でホルモン分泌を助長する 散歩後に足を拭くのみ

        皮膚アレルギーと去勢・不妊手術してはいけません

        手術でホルモン分泌が止まり 更年期となりホルモン失調症となり 動物虐待

    皮膚アレルギーとステロイド剤

       ステロイド剤は体重1Kgに対して0.1mg前後は最低治療に必要1.3mg以上の
      長期投与は副作用を併発するので危険 特に錠剤内服は(60kg用錠剤)副作用の原因

         皮膚アレルギーと家庭ダニ

         犬の皮膚アレルギーの原因は家庭ダニが原因でバルサン燻蒸かダニシートで定期的に駆除

         皮膚アレルギーと抗生剤

              皮膚膿皮症で薬剤耐性培養検査しない限り無効である

                                                           Topページに戻る

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////