簡易診断   皮膚病部位から病名・仮診断する

    皮膚科 動物病院       更新月日  2017/01/15

  * 過去60余年間に当院で診察した症例写真収録を・新たに編集したものです *
  当院は皮膚科専門病院で皮膚科以外の疾患は受付致しません



     
愛犬の皮膚患部の部位に移動・考察して下さい

       *******************************************
------------------------------------------------------------
  動物皮膚病図鑑     2015/08/15日号     通巻98号

     キーワード 犬 皮膚病   腋窩(脇の下)  の皮膚病

          貴方の愛犬がどの写真に似ていますか、


 腋窩の皮膚病変化は病原性が多様性で診断が難しいので、幾つかの検査と多くの

経験の積み重ねがいる、治療する薬品も単純ではなく・色々の混合処方を効果的に

使用しなければならない


 先ず正確な診断が大切で、診断が正しくなければ、治療法が立てられないから確実な

 診断が大切で下の写真の様に変化が多いので比較参考にして下さい。


1
アレルギー*ハウスダストアトピー*・グレイド(3.5) 発病後半年以上経過している、此の時点で診断が確定可能・長期内服加療する

2
   
アレルギー*ハウスダストアトピー*・グレイド(3.6) 発病後1年以上経過して掻痒・舐性が亢進中、此の時点で診断が確定可能・完治に長く掛かる。

3
アレルギー*ハウスダストアトピー*・グレイド(3.7) 発病後1年以上経過して掻痒・舐性が亢進・脱毛が全身性・脂漏性皮膚炎の始まり、此の時点で診断が可能・治療に難渋する

4
家庭ダニ症候群
グレイド(4.0) 
発病後
2年以上経過して掻痒・舐性が亢進・脱毛が全身性・脂漏臭強まる、診断容易・治療に数年掛かる

5
家庭ダニ症候群
グレイド(4.0 
発病後
3年以上経過して掻痒・舐性・脂漏亢進・脱毛が全身性・脂漏鱗屑強まる、治療困難。

6
毛包虫感染(別名アカルス)・グレイド(3.9)感染後2年以上経過している、全身性に寄生していて過去にステロイドの過剰使用があった・長期薬浴・内服継続
7
毛包虫感染(別名アカルス)・グレイド(4.0)感染後1年以上経過している、ステロイドの過剰・大量の使用・副作用で急性全身性に炎症増加した。
8
疥癬虫感染・グレイド(3.7)全身性に感染している、発症後8カ月経過しているが毛包虫が急性に増殖し掻痒・慘出液の過剰分泌が著明・人に感染する。
9
脂漏性皮膚炎・グレイド(3.6)脂漏性の原因究明が先決事項・原因疾患の治療が適正なれば脂漏は軽減し治癒に至る(原因追求が大切)
10

膿皮症(老齢性)・グレイド(3.610歳位上でのホルモン減退・免疫低下が細菌感染を助長しているので抗生剤の効果が期待出来ない・慢性経過を取る

11
膿皮症(アレルギー体質)・グレイド(3.8)ハウスダストアトピーの慢性化して抗生剤連用で多剤耐性菌となって重複慢性感染症にKPS塗布薬の効果が有る
12
甲状腺低下症・グレイド(3.4)去勢による男性ホルモンの低下に関連して甲状腺ホルモンの低下はホルモンバランスの悪化で毛質の低下希毛性脱毛・更年期障害の現れ
13
常同障害(神経障害)・グレイド(3.5)飼い主や家族の接触頻度が低い場合が誘引・原因となっているので、飼育環境の改善するのが最良の治療になる。
14
偽クッシング症候群(別名アロペシアX・ポメラニアン脱毛)・グレイド(3.6)頸・肩・腋窩・前胸・体側の被毛が希毛性脱毛・完全脱毛・色素沈着が起きる前兆。
15
偽クッシング症候群(別名アロペシアX・ポメラニアン脱毛)・グレイド(3.8)で軽度のアレルギー疾患が重複しているので・アレルギーと混同し易い。
16

好酸球性皮膚炎・グレイド(4.0)血液中に好酸球数が極度に増加するので常時血液中に好酸球数を検査しながら治療するが数年掛かる。

17
.中毒性皮膚炎の経過良好時・グレイド(3.5)発症時は表皮溶解があり治療経過が良い場合色素沈着・乾燥・発毛してくる。
18
白斑(しろなまず)・グレイド(3.4)血統・遺伝性・免疫異常等・特発性を否めない、治療は確立していないが生命に危険がない。
19
.医原性クッシング症候群・グレイド(3.5)消炎剤としてのステロイド剤を長期内服しての副作用が軽度の場合に発症する。
20
医原性クッシング症候群・グレイド(3.6)消炎剤としてのステロイド剤を長期・大量内服しての副作用が重度の場合に潰瘍性痂皮を発症する。
21
セルトリー細胞腫・グレイド(4.0)普通は睾丸から男性ホルモンが生産・分泌するがセルトリー細胞が異常に増えて女性ホルモンの生産・分泌過剰の結果脱毛が増える。
22
ブロンズイング皮膚炎・グレイド(3.5)ダルメシアン犬種に特異的に発生する特殊の例で染色体異常が原因で犬種遺伝病・内服で治療可能。
23
落葉性天疱瘡(自己免疫不全性皮膚病)・グレイド(3.8)免疫系統の異常で突然に発症するので予測が不可能・長期免疫抑制・改善剤の内服で回復・治癒する。
24
紅斑性天疱瘡(自己免疫不全性皮膚病)・グレイド(3.8)免疫系統の異常で突然に発症するので予測が不可能・長期免疫抑制・改善剤の内服で回復治癒する。
25

肥満細胞腫症(肥満細胞
の異常増殖
)・グレイド(4.0)悪性腫瘍で癌腫に同等の悪性の腫瘍で完治の可能性が極めて少ない。

    皮膚科 動物病院       更新月日  2013/08/15

    * 過去60余年間に当院で診察した症例写真収録を・新たに編集したものです *
  当院は皮膚科専門の病院で他の科目は診療しないので皮膚科以外は受付致しません

 動物皮膚病図鑑 1-51      2013/08/15日号     通巻50号

 キーワード 犬 皮膚病 頭部の皮膚病
----------------------------------------------------------------------

  
No1  . 頭部   に限局した各種皮膚病を解説

   患犬の各部位に限った幾つかの皮膚症状の画像で皮膚病を理解し早めに動物病院で治療する手助けの資料に
    するために掲載しました、。
    皮膚病は200種以上に分類・診断・治療方法も更に分かれているので、正しい診断・適正な治療方法を物言わぬ
    動物の看護に万全な方法をとって上げて下さい。
    以後毎月の15日号に部位別の発症頻度の多い症例を継続して記載しますので参考にしてください。
  
2.病態画像    
グレイドとは皮膚病の重さを数値化して診断・治療の指針とする
最高を
4.0とし2.8以上をコンピューター治療・処方に応用使用  
  

A ハウスダストアトピー
グレイド (3.4)

炎症している地肌が桃色に変化
痒い動作を頻繁にします
   
B 急性湿疹 (アレルギー)
グレイド (3.6)
昨日は何もなく今日突然
発見し痛痒い動作を頻回

C 自己免疫性皮膚病
・グレイド (3.9)

慢性経過を取り化膿・痂皮
臭気を伴う免疫不全

  
D 常同障害 (神経性疾患)
グレイド (3.6)

孤独の飼育環境で発症
飼主とのコム二ケーション不足
E 膿皮症 (細菌感染)
・グレイド (3.6)

アレルギー体質があり
シャンプーで悪化化が進む
F 毛包虫 (寄生虫)
・グレイド (3.5)

ステロイド剤の使いすぎで
起きる場合が多い
G 疥癬 (寄生虫)
グレイド (3.6)

公園やドックランドで感染が多い
人畜共通感染皮膚病
H 真菌 (カビ)
・グレイド (3.5)

痒み止めのステロイド剤を
連続使用すると発症誘引となる
I  甲状腺ホルモン低下
グレイド (3.6)
去勢・不妊手術後に
ホルモン失調を起こすと成る
J クッシング症候群
・グレイド (3.8)

副腎皮質の働きすぎで起こる
食欲更新・肥満・多飲・多尿
K  偽クッシング症候群
・グレイド (3.6)

成長ホルモンの分泌低下
ポメラニアンに多い先天性皮膚病
L  筋無力症
・グレイド (3.8)

遺伝的皮膚病でコラーゲン欠損
皮膚が破れ安いのが特徴

     3.検査       

   1. 視診検査  2. 血液検査 3. ホルモン検査  4. 皮膚掻破検査 5. 細菌培養検査   6. 真菌検査  

   
 7. 病理組織検査
   
4.診断 診断の根拠となるエビデンス(証拠資料)の交付と説明する動物病院は信頼が出来ます。
        ただ皮膚病ですねと言って 正式の診断名を告げず・説明も無く、注射・薬を出すところは良くありません。

   治療   
        治療方法は診断名に因って様々です・又同じ診断でも病期に比例して異なります。
        治療開始して一定期間後に治療効果の評価を適時治療法を変換する事もあり、しかし効果がなければ
        
転医するか・
セカンドオピニオンをして早く皮膚病を楽にしてあげましょう。
  
 6. 注意事項
 
      シャンプーしてはいけない皮膚病は膿皮症(細菌感染)飛び火で広がり悪化かします。

     
栄養状態 皮膚病のみに気を取られ患犬のコンディションが良くなければ皮膚病は治りません。

     
散歩・運動 は1日2回・舗装した道路、繁華街、人車の頻繁な街を30-40分、裏道・草むら・農道を避ける
   

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                               TOPページに戻る

       当院は皮膚科専門の病院で他の科目は診療しないので皮膚科以外は受付致しません

   皮膚科 動物病院       更新月日  2013/09/15

 動物皮膚病図鑑            2013/09/15日号         通巻52号
      キーワード    犬 皮膚病 アレルギー 毛包虫 膿皮症 自己免疫性 
--------------------------------------------------------------
  
No2  
肘から前肢  の皮膚病 (指・肉球間を除く)

  グレイドとは皮膚病の重さを数値化して診断・治療の指針とする
最高を
4.0とし2.8以上をコンピューター治療・処方に応用使用  


  
 肘 か ら 前 足 に 多 い 病  態  画  像 編      

  
A.    ハウスダストアトピー
グレイド (3.7)

亜急性期の赤紅色・脱毛・掻痒・舐性を特徴で、食餌を変えても改善しない。

B.     ハウスダストアトピー
グレイド (3.8)
 
慢性期で色素沈着を開始・脱毛・掻痒・舐性が軽く、治療に時間が掛かる。

 C. 脂漏性アトピー 
  (アレルギー体質)
  グレイド (3.9)
 遺伝的・代謝不全・ホルモンバラ ンスが関与する慢性型。

D 甲状腺低下ハウスダストアトピー 
グレイド (3.5)
甲状腺4種類とアトピーの混合タイプ・脱毛・ふけが多い。

E    毛包虫感染
グレイド (3.5)
 
ABCD
の症例に酷似しているので、皮膚掻破検査で確認するのが鑑別点。

F    毛包虫感染
グレイド (3.7)
 
アレルギーと誤診する例が多く、ステロイドの投与で広がり悪化するので初期診断が大切。

G 疥癬虫感染
グレイド (3.4)
 
初期で胼胝・アレルギーと誤診する事が有るので注意する掻痒感が強く表れる。

H 疥癬虫感染
グレイド (3.7)
 
感染後期で皮膚は色素沈着を起こし他の動物や人にも伝染する環境消毒を徹底する。

  I 苔癬化初期 
グレイド (3.6)
アレルギーと舐性の慢性・常同
(神経)傷害が合体しての症状で、毛包虫の感染初期に似る。

J 苔癬化重症
グレイド (3.9)

小型犬に多くみられる、毛包虫陽性の症例が多い、皮膚掻破検査で確認する

K アレルギー性膿皮症
グレイド (3.5)

原疾患はアレルギーで毛包に細菌感染が併発している

L 深部膿皮症
グレイド (3.6)
 
毛包炎性深部細菌感染で感受性試験後複数抗生剤を長期内服を要する、完治困難な皮膚病。

    M 舐性膿皮症
グレイド (3.5)

飼育環境不全の常同
(神経)傷害が主たる原因で細菌感染が付随している

    N 肢端舐性皮膚炎
    グレイド (3.5)
 
孤独な飼育環境の精神バランス失調が発症の主たる原因で治療困難の部類にに入る

 O 自己免疫性皮膚病
  グレイド (3.8)
 
免疫系統の失調症で免疫不全が引き金となる長期治療を必要な困難な慢性皮膚病

   P 中毒性壊死
 グレイド (3.8)

 特発生で原因不明の皮膚表面の血行傷害による皮膚壊死と欠損による難病。

 問診 診察の時、細かく飼い主から聞き取る情報が大切なので、いつ頃から何処に発病したか・

       どの様な経過をしたか細かく聴く先生を選んで下さい

   検査 検査項目は問診・視診に因って血液検査・ホルモン検査・皮膚掻破検査・細菌検査等選択します。

       検査結果を紙面と説明を優しく飼い主に理解出来る様な説明をする先生を選びましょう。

  診断 問診・検査結果と獣医師の豊富な経験から病名と重さ(病期)がきまります。

   治療 診断名によって治療する薬・量が決まります、一定では有りません。

       犬種により2kgから30kgと差が有るのでの薬は体重1kgに対してxmgとか細かい計算するので、

       簡単に錠剤を出す先生は適正な計算をしているでしょうか ???????

        薬の説明 どの様な薬か紙面と口頭で説明する先生が信頼出来ます
 指導

          皮膚病に依ってはシャンプーをすると・更に悪くなるアレルギー・膿皮症・細菌感染があり・シャンプー禁止です

          動物のコンディションを診察して栄養指導管理をする先生を選びましょう。
       

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                                TOPページに戻る

動物皮膚病図鑑      2013/10/15日号       巻54号

当院は皮膚科専門の病院で他の科目は診療しないので皮膚科以外は受付致しません


        キーワード   四肢・指間   の皮膚病
n31buii.htm#33sikan へのリンク
グレイドとは皮膚病の重さを数値化して診断・治療の指針とする
最高を
4.0とし2.8以上をコンピューター治療・処方に応用使用 
 

A.家庭ダニ症候群の初期
グレイド (3.5)

頻りに舐めるので発見する
抗ダニ剤と自動処方で治癒
舌下減感作療法も効果適
B.慢性家庭ダニ症候群
グレイド (3.8)
アレルギー反応が長いとなる
抗ダニ剤と自動処方が適す
治療は長く掛かる
C.家庭ダニ症候群の中期
グレイド (3.7)

治療を開始しないとこう成る
舌下減感作療法を併用する
D.慢性毛包虫症
グレイド (3.8)

感染後発見が遅い症状
内服薬・注射・藥浴を気長に
E.急性毛包虫症
グレイド (3.8)

寄生と細菌感染合併症
アカルス(寄生虫)細菌平行治療
内服薬・注射・藥浴を気長に
F.慢性化膿性毛包虫
グレイド (3.8)

感染後放置しての結果
細菌培養検査・抗生剤の選択
内服薬・注射・藥浴を再発あり
G.指間膿包
グレイド (3.6)

毛穴に細菌感染症
細菌培養検査・抗生剤の選択
免疫低下の可能性・再発注意
H.指間潰瘍
グレイド (3.7)

毛穴に細菌感染の破裂症
抗生剤の選択・洗浄・包帯
エリザベスカラーを適用する
I.深部膿皮症
グレイド (3.8)

皮下織に特殊な細菌感染
細菌培養検査・抗生剤の選択
再発があるのでワクチン適用
J.表皮膿皮症
グレイド (3.4)

皮膚表面の細菌感染
細菌培養検査・抗生剤の選択
エリザベスカラーを適用する
K.中足骨膿皮症
グレイド (3.4)

肉球後面毛包細菌感染症
抗生剤に抵抗するので
膿汁圧出し銀軟膏が効果適
L.肢端舐性皮膚炎
グレイド (3.5)

神経末端刺激異常
常同傷害が潜在するので
飼育環境の改善が効果適
M.皮膚真菌症
グレイド (3.9)

カビ感染が長いと酷くなる
ウッド灯検査・検鏡・培養検査
抗真菌剤・内服・塗布・防舐性保護
N.アカントージスニグリカンス
グレイド (3.8)

ダックス・小型犬特有のアレルギー
慢性化したアレルギーで治療長期
個体別.舌下減感作療法が最適
O.乾 癬
グレイド (3.7)

自己免疫異常で発症
自己免疫性皮膚病で長期間
抗アレルギー・自動処方を服用
P.肢端塞栓症
グレイド (3.8)

血管の血液が詰まり壊死する
血管栓塞・血栓・フイラリア・自己免疫
末端細胞の壊死で治癒困難
                                                                   
                                 TOPページに戻る

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


動物皮膚病図鑑          2013/11/1日号        通巻55号

当院は皮膚科専門の病院で他の科目は診療しないので皮膚科以外は受付致しません


        キーワード  口唇・頬・頸  の皮膚病

グレイドとは皮膚病の重さを数値化して診断・治療の指針とする
最高を
4.0とし2.8以上をコンピューター治療・処方に応用使用  


1 急性湿疹
グレイド(
3.3

2 アレルギー
グレイド(
3.3

3 ハウスダストアトピー
グレイド(
3.3
4 ハウスダストアトピー
グレイド(
3.4

5 ハウスダストアトピー
グレイド(
3.5

6 毛包虫感染
グレイド(
3.3

7 毛包虫感染
グレイド(
3.6

8 毛包虫感染

グレイド(
3.6

9 毛包虫感染
グレイド(
3.7)
10 毛包虫感染
グレイド(
3.8)

11 苔癬化症候群
グレイド(
3.8

12 慢性脂漏疹
グレイド(
4.0

13 慢性脂漏疹
グレイド(
4.0

14 アルテリナリア感染
グレイド(
3.4
)

15 真菌感染
グレイド(
3.5

16 真菌感染
グレイド(
3.5

17 カラーミュタント脱毛
グレイド(
3.5

18 偽クッシング症候
グレイド(
3.9

19 疥癬感染
グレイド(
3.5

20 自己免疫不全
グレイド(
3.9


各皮膚病は精密な検査に基いて診断が決定します

先ず正確な診断から正当な治療方針が採用されますので

診断を重視してください

                                                TOPページに戻る
-----------------------------------------------------------------

動物皮膚病図鑑       2013/11/15日号          通巻58号
 キーワード    
皮膚病   耳介  と周辺病変
グレイドとは皮膚病の重さを数値化して診断・治療の指針とする
最高を
4.0とし2.8以上をコンピューター治療・処方に応用使用  


A.アレルギー
グレイド (3.6)

アレルギー反応が強く出現
慢性的ハウスダストアトピー
抗アレルギー剤自動処方で治癒
舌下減感作療法も効果適
B.パターン脱毛
グレイド (3.6)

ダックス・小型犬特有のアレルギー
特定犬種に発生する・長期間
抗アレルギー剤自動処方で治癒
C.慢性外耳炎
グレイド (3.8)

治療を放置した慢性化した外耳炎
多くはアレルギーが原因で
抗アレルギー剤自動処方を応用
D.耳辺脂漏性
グレイド (3.7)

耳辺の慢性脂漏症
基礎疾患疾患にアレルギー
耳辺に銀軟膏が効果的
E.耳疥癬感染

グレイド (3.8)
疥癬虫の感染が慢性化
内服薬・注射・藥浴を気長に
人・畜共通感染するので注意
F.化膿性外耳炎
グレイド (3.8)

アレルギーと化膿菌混合感染症
抗アレルギー剤自動処方内服
耳道洗浄・抗菌剤・抗生剤適用
G.真菌感染
グレイド (3.9)

犬特有のカビの感染慢性症
ウッド灯検査・検鏡・培養検査
抗真菌剤・内服・塗布・防痒保護
H.マラセチア感染
グレイド (3.6)

犬特有の細菌感染・慢性化
酵母菌が主体感染・洗浄
殺菌・抗生剤・抗菌剤適用
I.性ホルモン減退
グレイド (3.6)

性ホルモン分泌不全が原因
去勢・不妊手術が原因
ホルモン補充療法が適用
J.寒冷凝集症
グレイド (3.7)

耳先端・血液凝固・組織壊死
自己免疫不全が体質にあり
抗アレルギー剤自動処方・銀軟膏
K.過角化症(自己免疫不全)
グレイド (3.8)

免疫機能異常による疾患
抗アレルギー自動処方長期内服
銀軟膏・抗生剤軟膏気長に
L.耳 血 種
グレイド (3.8)

耳の毛細血管変化・血行障害
初期は内服で治癒可能
此の状態では外科的処置が適用
M.耳孔結合織増殖
グレイド (3.9)

慢性外耳炎の放置した組織反応
外科的に増殖組織の摘出し
外耳道の温存を図る
N.ビタミン欠乏症
グレイド (3.7)

ビタミン欠乏が原因で起きる
ビタミン剤の長期内服が効果
犬種・血統・食事・環境が関与する
O.特発性脱毛
グレイド (4.0)

原因不明の脱毛症
原因究明が優先
治療は困難
P.組織球種
グレイド (3.5)

組織球細胞の肉腫
局所麻酔で切除する
再発・転移があり早期発見処置

各皮膚病は精密な検査に基いて診断が決定します


先ず正確な診断から正当な治療方針が採用されますので

診断を重視してください
 
                                             TOPページに戻る
------------------------------------------------------------------------

   皮膚科 動物病院        更新月日  2014/03/15

   動物皮膚病図鑑 3-6    2014/03/15日号        通巻62号
鼻鏡・鼻梁   周辺の病変
     当院は皮膚科専門の病院で他の科目は診療しないので皮膚科以外は受付致しません
グレイドとは皮膚病の重さを数値化して診断・治療の指針とする
 最高を
4.0とし2.8以上をコンピューター治療・処方に応用使用
 
 

                   キーワード         皮膚病 鼻鏡・鼻梁周辺の病変
1 コリーノーズ
グレイド(
3.2

2 コリーノーズ
グレイド(
3.3

3 コリーノーズ
グレイド(
3.4

4 毛包虫感染
グレイド(
3.3

5 毛包虫感染
グレイド(
3.4

6 疥癬虫感染
グレイド(
3.3

7 真菌感染
グレイド(
3.5

8 色素沈着
グレイド(
3.3

9 鼻鏡角化
グレイド(
3.5

10 鼻鏡角化
グレイド(
3.7

11 錯 角 化
グレイド(
3.6

12 日光アレルギー
グレイド(
3.5
)

13 日光アレルギー
グレイド(
3.8

14 幼年性蜂窩織炎
グレイド(
3.3

15 セツ腫(膿皮症)
グレイド(
3.4

16 ジステンパー
グレイド(
3.9

17 自己免疫不全
グレイド(
3.5

18 自己免疫不全
グレイド(
3.7

19 自己免疫不全
グレイド(
4.0

20 扁平上皮癌
グレイド(
3.3


各皮膚病は精密な検査に基いて診断が決定します


先ず正確な診断から正当な治療方針が採用されますので

診断を重視してください


                TOPページに戻る
-----------------------------------------------------------------−−−−−−−−--
 

  皮膚科 動物病院        更新月日  2014/02/15
動物皮膚病図鑑 3-6    2014/02/15日号        通巻60号

胸腹側面   病変
     当院は皮膚科専門の病院で他の科目は診療しないので皮膚科以外は受付致しません
                    グレイドとは皮膚病の重さを数値化して診断・治療の指針とする
 最高を
4.0とし2.8以上をコンピューター治療・処方に応用使用  

                   キーワード         皮膚病 胸腹側面病変
   No5 犬体患部皮膚病の部分別 特に胸腹側面の皮膚病変を選別しての解説
   

  A ハウスダストアトピー
    グレイド (3.8) 

屋内飼育 体側に広域の掻痒・脱毛・炎症・舐性が主な兆候で
伝染性は無く、慢性化、シャンプーにより細菌感染で膿皮症を併発し易い、抗アレルギー剤、免疫増強の舌下減感作療法を併用して長期治療を必要とする。

B 毛包虫症 (別名アカルス)
 グレイド (3.5)

 毛根・皮脂腺に皮膚寄生虫
(毛包虫)の感染に依る慢性の皮膚病で感染初期にステロイドの投与で増殖・慢性化する副作用を起こし悪化する。殺虫剤の注射・内服・外用を気長に治療する、再発生が有るので要注意。
   

   C 去勢後皮膚病
   グレイド (3.5)

去勢による男性ホルモンの欠除に基因する更年期障害・ホルモンのバランスの失調が誘因と成る、生殖とホルモン分泌の睾丸の除去は自然の法則に反する行為で正当なる理由無くして去勢はしてはいけません、貴方の子供・孫に去勢をしますか。
    
D 尋常性天疱瘡 (自己免疫性皮膚病)  グレイド (3.8) 免疫系統の異常で発生する慢性皮膚病で初めはアレルギーに似ているので誤診し易い慢性皮膚病である、免疫異常で有るので免疫抑制剤と抗アレルギー剤を1日3回長期に内服しなければ成らない。    


   E シュナイザー面胞
    グレイド (3.8)
 
(シュナイザー・チャイニーズ種に多発)特定の犬種に好発する面胞(ニキビ)で特殊のアレルギー体質が原因で有る、抗アレルギー剤の連用でシャンプーをしてはいけなく皮膚収斂剤の塗布・外用の連用で治癒する。 
  F カラーミュタント
   グレイド (3.7)
 
主に甲状腺機能低下が付随しているホルモンの失調が基礎にあり、神経因子も付随しての発症で
患犬の飼育環境(常同傷害)が主な発症原因と成っているホルモン検査の数値を改善するような治療と飼育環境(常同傷害)の改善・変化が治治療法となる。
    
   G 皮脂腺炎症
    グレイド (3.7)
  
    (自己免疫性皮膚病)
日本犬・秋田犬によく発生するので犬種特異性が考えられる、診断は良く観察すればアレルギー体質で自己免疫性で普通の治療に抵抗する、免疫抑制剤・抗アレルギー剤を長期に内服して免疫改善が必要となる。
     

 H クッシング症候群 
 (副腎皮質機能亢進性皮膚病
  グレイド (3.8)

副腎皮質ホルモンの過剰分泌が原因
) 多飲・多尿・多食・肥満・腹部膨大・腹部静脈の明視・脱毛・腋窩・内股に皮疹等の皮膚・被毛の変化が見られる。血中副腎皮質ホルモンの増加・血液の好酸球数の低下・減数・皆無の証明で診断確定。

I ダルメシアン・アレルギー
    グレイド (3.6)
 
ダルメシアン犬種のみに限定して発生する特異的アレルギー、主に体側面に発生が多いが四肢側面にも見られる、原因はアレルギー体質であるから抗アレルギー剤を1日3回長期に内服しなければ成らない。

J 医源性クッシング症候群
   グレイド (3.8)
 
(ステロイドの過剰投与が原因)治療行為によるクッシング症候群で正確な診断が無く、習慣的にステロイドの慢性投与が引き起こす皮膚病・ステロイドの副作用と考えて良い普遍的な皮膚病。(誤診断・誤治療が原因)

 K 黄体遺残性皮膚病
   グレイド (3.6) 

(黄体ホルモン分泌過剰性皮膚病) 正規の発情後に黄体が吸収消滅せずに黄体ホルモンを継続的に分泌し、乳腺の肥大・泌乳があり体側の小班状の脱毛が各所に発生する皮膚病、正規分娩を繰り返せば自然治癒するが、ホルモン療法で治る。
  L 急性湿疹
  グレイド (3.3)
 
(アレルギー体質が基礎) 気温・湿度に感作されて発症するもので季節に関係がある気温の変化で或日突然発症する・急性のアレルギー型で抗アレルギー剤・抗消炎剤・ステロイド・抗生剤の投与で短期間に治癒するが再発が有る
  M 偽クッシング症候群
    グレイド (3.8)
(
別名アロペシアX。ポメラアン脱毛
クッシング症候群に似た症状を示す皮膚病であるが原因は脳下垂体分泌のGH (成長ホルモン)の低下・欠損が原因で診断は容易で有るが、治療は長期間で・また再発性があり特効薬は少なく難病に入る。

 N 脂漏性皮膚炎
   グレイド (3.9)
 
(乾性脂漏・油性脂漏・脂漏症) 色々の型があるが アレルギーの慢性化したタイプで、飼育環境・餌・ビタミンの欠乏・誤診・誤治療・シャンプーなどが関与している。原因を突き止め適切な看護治療法を要求される慢性皮膚病。

  O 真菌性皮膚病
   グレイド (3.8)

(カビの寄生・感染による皮膚病) 人畜共通感染病 多くの菌種があり培養検査が大切で、暗室でウッド灯での陽性反応が時には目安と成る、感染被毛を直接顕微鏡で胞子・菌糸を確認する事も可能である、治療は最低2−3月を必要とする・再感染に注意する。
  P 疥 癬 症
  グレイド (3.6)
 
(疥癬虫の感染)  人畜共通感染病で感染力は強い・感染皮膚にトンネルを掘り多くの産卵で伝播する、犬から人 人から動物 動物から動物へと伝播するので、ドックランドなので感染する機会が多いので飼育環境に注意しなければ成らない。

   必要検査項目

  稟告 過去の病歴 診断名 治療内容と経過  尿検査成績 使用薬品の名前と量と期間

  身体検査  脱毛の状態と部位 皮膚の色調 炎症の程度 栄養状態 被毛の形態 被毛光沢の程度  雲脂 痂皮

  ホルモン検査 Corti (副腎皮質ホルモン)   T3 (甲状腺ホルモン)  T4 (甲状腺ホルモン)   FT3(甲状腺ホルモン)  
 
         
FT4 (甲状腺ホルモン)
 

    寄生虫検査   疥癬 毛包虫 ダニ 蚤 シラミ

  培養・組織検査   直接・間接 染色 細菌  細菌感受性試験  ウッド灯 真菌培養 病理組織 免疫 

 
 診断     上記の諸検査から総合して仮診断または最終診断をする

    治療 各診断に適合する治療法を指示・解説・書面交付 

    指導 膿皮症に対し シャンプーの絶対禁止散歩後の足洗禁止

           散歩・運動は舗装した道路で繁華街(人や車の頻繁な道)を選んで散歩して視覚・神経の刺激を与え

       ホルモン分泌能を刺激活発化する。


           事はドライフードと人用の味付け手作りと朝は牛乳・晩は味噌汁を与える様に指示。
 
  +++ 当院は皮膚病メール相談・セカンドオピニオン制度に対応しています別記参照 +++

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


                                                              TOPページに戻る

   皮膚科 動物病院        更新月日  2014/04/15

   当院は皮膚科専門の病院で他の科目は診療しないので皮膚科以外は受付致しません
   アレルギー性皮膚病に 舌下免疫減感作療法 を実施しています

   動物皮膚病図鑑 3-8    2014/04/15日号        通巻64号

                   キーワード  皮膚病    眼の周辺

              グレイドとは皮膚病の重さを数値化して診断・治療の指針とする
                最高を
4.0とし2.8以上をコンピューター治療・処方に応用使用
 
         眼の周辺に限定した皮膚病について症例を解説します
    A.毛包虫感染
   グレイド (3.7)
 
慢性経過化をとつた場合に良く見られる、軽度の脱毛と色素沈着を伴い掻痒性は少なく、直ぐにステロイドを投与開始したくなる症状であるが、ステロイドは禁忌である。

  B.ハウスダストアトピー
   グレイド (3.6)
   
アレルギー体質で多くは眼の周辺に初期症状が発現するので、診断的価値は高いので、炎症・脱毛・掻痒・色素沈着などの変化に注意して診断する。

 

C.疥癬虫感染
グレイド (3.8)
 
伝染性の高い寄生虫感染病で飼い主に感染する事が多い、軽度の炎症で始まりで掻痒性が強く後足で掻く動作を絶えずするので飼い主が気づく場合が多い
    
   D.膿 皮 症
  グレイド (3.8)
 細菌感染   多くは発赤・脱毛・掻痒動作で飼い主が発見する、細菌は湿気・水分が有るとこで増殖するので、シャンプーすると他の皮膚に伝染するのでシャンプー禁止。

   

  
   E.雌性化症候群
   グレイド (3.5)
 
雄犬でありながら雌性ホルモンを多く分泌して雌犬の様な性質・乳腺肥大・雄犬に興味を示し、性の錯誤が有るのでホルモンのバランスの失調症。
  F.ウエバ−症候群
   グレイド (3.8)
 
自己免疫性の皮膚病で皮下の部分に非細菌性の炎症を起こし液体を貯めて慢性化する疾患で治療に困難を伴う皮膚病で長期の内服療法を要する難病。

  G.ホヒト小柳原田症候群
    グレイド (3.9)
 
自己免疫不全に基因する難病の皮膚病で秋田犬に良く見られる、発病後皮膚炎と前後して眼の疾患視力障害が発症するのが難病であるのが特徴

  
   H.落葉性天疱瘡
   グレイド (3.6)
 
普遍的な自己免疫性皮膚病で基本はアレルギーの分類に入り、免疫抑制剤の長期服用で回復するが内服薬の離脱時期の判定が難しいが生命の危険は少ない

  I.自己免疫性皮脂腺炎
   グレイド (3.8)
 
免疫不全に基因する慢性皮膚炎で発見・診断が難しい・治療法は免疫抑制剤を長期に使用しなければ成らないので根気がいるからそのつもりで治療する。

   J.全身性紅斑性狼瘡
   グレイド (4.0)
 
自己免疫性皮膚病群中一番悪性で治療に困難を伴うもので、確定診断後完治は難しくまた致命率の高い皮膚病で難しい皮膚病
  K.常 同 傷 害
   グレイド (3.8)
 
精神・神経的因子が原因で発病するが、他の皮膚病原因との併発が認められる、飼い主との関係不順が素因に有って発症する近代皮膚病コミニケーションが必要
L.苔癬化症候群
  グレイド (3.8)
 
あらゆる皮膚病の慢性化に依る炎症・色素沈着を伴う皮膚の肥厚を主体とする慢性皮膚病で、元の皮膚病の治療と塗布薬の根気よく長期使用が肝要
    M.悪性黒色腫
   グレイド (3.3)
 
悪性腫瘍に分類される転移性の有る癌で体表から内臓に転移する事があるので、内臓転移すればあきらめるが・体表ならばマージン取って切除する
     N.乳頭腫
   グレイド (3.3)
   
良性腫瘍であるがウイルス性で・伝播・再発性が有り発見次第切除が適している、腫瘍は肥大か多数にならぬうちに処置するのがこのましい
     O.扁平上皮癌
   グレイド (3.7)

癌と名が付いているので悪性の腫瘍で転移・再発性が有るので切除後は放射線治療か抗癌剤の使用が必要になる程に困難な癌予後不良
    P.瞬膜腺腫
  グレイド (3.8)
 
別名チェリーアイと呼ばれる、眼球を保護する瞬膜のリンパ腺組織の増殖による偽腫瘍化した腺腫で剥離性摘出で除去する事が出来る
                                TOPページに戻る

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

    動物皮膚病図鑑      2015/02/01日号            通巻85号
         
当院は皮膚科専門の病院で他の科目は診療しないので皮膚科以外は受付致しません
      キーワード           四肢肉球
 
         皮膚病 四肢肉球の皮膚病のいろいろ ** 病態と診断
                    グレイドとは皮膚病の重さを数値化して診断・治療の指針とする
                         最高を
4.0とし2.8以上をコンピューター治療・処方に応用使用  

--------------------------------------------------------------

 

1.A
 
 ハウスダストアトピー
グレイド (3.2)
 正常
に近い初期症状で
.舐める動作が目立つ・多くはこの時期にには皮膚病を伴はないので見逃す
2B
ハウスダストアトピー
グレイド (3.4) 
初期
の炎症が進み・しきりに舐める、各所が赤くなり・掻くのが目立つ、此処で初めて愛犬の変化に人が気づく
3C.
 
家庭ダニ症候群 
グレイド (3.5)
中期
の始まり、多くの人はこの時期に動物病院を訪れ診断・治療を受ける事が多い。
4D
  ハウスダストアトピー
グレイド (3.6)
中期
で飼い主が見逃す事が有る変化で、見逃すと皮膚病は進行し掻痒・脱毛が平行する。
5E
ハウスダストアトピー
 グレイド (3.7)
中期
で此の時期に診断・治療を正確に開始していればアレルギーのコントロールは可能な時期。
6F
家庭ダニ症候群
グレイド(3.8)
後期
で肉球が肥厚を初め・体の各所にアレルギーの皮膚病変化が酷くなり、体臭増加・掻痒性も強く感じられる。
7G
ハウスダストアトピー・グレイド (3.9)後期・肉球肥厚最悪期・アレルギーの慢性化しての腫れが進み治療・治癒が困難の時期になる。
8H
ハウスダストアトピー・グレイド (4.0)
肉球の変化が回復不能
の状態に悪化が進んで治療の対象には成らない最悪期の病態。
9I
毛包虫症(アカルス)
グレイド (3.4)

感染初期で多くは見逃されることが多い、原因はステロイドの長期使用の副作用で毛包虫が増殖した結果。
10J
.
 毛包虫症(アカルス)
グレイド (4.0)
感染重症に進んで・慢性化し色素沈着が全域に広がっている、多くは正確な診断せずにステロイドの弊害で発症する。
11K
.
マラセチア菌感染
グレイド (3.8)

慢性感染による膿皮症に分類するが、多くは皮膚の脂漏・肥厚・色素沈着等の病変が伴うもので慢性化が多い。
12L
中足骨膿皮症
 グレイド (3.3)

・後足の主肉球の基部に細菌感染の化膿で慢性化が特徴で抗生剤・外科の効果が少く銀軟膏が有効。
13M
 中足骨膿皮症後期
グレイド (3.6)
化膿菌の増殖に伴って膿胞の肥大が進行し、犬はびっこの歩き型をして痛がる・舐める動作が強い。
14N
 
中足骨膿皮症最悪期
グレイド (3.8)

膿胞が破裂して、頻回の舐性動作になり・治療は長期間を必要とする。
15O
特発性肉球角化症
グレイド (3.8)
原因不明の肉球面の硬化が進行する、原因の追及・診断が困難な変化。
16P
肉球表面の角化亢進・グレイド (3.7)
飼育環境が関与しているか、ジステンパーに感染しての変化か鑑別診断が大切。
17Q
  血管塞栓症
グレイド (3.8)
末梢血管の梗塞に因るもので原因の追及が難しい、異物・プラーク・フィラリア寄生等が起因となる。
18R
 
 
自己免疫不全初期
 グレイド (3.8) 

免疫不全が原因での皮膚病初期症状で免疫抑制剤の継続投与が早いほど効果的である。
19S
 自己免疫不全中期
 グレイド (3.8)

初めは膿皮症の初期に似た症状で多くは抗生剤を使うが効果がなく診断に苦しむ。
20T
自己免疫不全後期
 グレイド (3.8)
この時期に成ると全身の皮膚・被毛に変化がひどく成りステロイド・免疫抑制剤の長期内服が効果。
21U
. 
表皮過生成
 グレイド (3.3)
皮膚の一部の細胞増殖が異常に増えて腫瘍に似た形状を形成するが、腫瘍・癌では無い。
22V
. 
 
リンパ腫
 グレイド (3.8)
リンパ細胞の異常増加に基ずくもので、良性と悪性があり、病理組織検査により決定する。
23W
. 
 アポクリン腺癌
グレイド (3.5)
悪性主要に属するもので外科的に広域切除する事が大切で早期に処置すること。
24X
.
肥満細胞腫
グレイド (3.6)
悪性腫瘍に入るが初期・少数ならばステロイドの治療に反応するが、外科的切除にも適する
25Y
 肥満細胞腫悪性後期
グレイド (4.0)
此処まで増加すると外科的・内科的治療に抵抗して、多くは全身性に伝播して予後不良・安楽死。

                       
       散歩から帰ったら足は洗はないで拭くだけにする、指間・肉球間に水が残り、アレルゲンが

     付着し溶けて皮膚に侵入してアレルギーを誘発の原因になる・ただ拭くだけを推奨します。
 

    (人も犬も哺乳動物で人は去勢しないのに・去勢はホルモン不全を起こします)
                                                               TOPページに戻る

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

当院は皮膚科専門の病院で他の科目は診療しないので皮膚科以外は受付致しません

動物皮膚病図鑑      2015/02/15日号        通巻86号
グレイドとは皮膚病の重さを数値化して診断・治療の指針とする
最高を
4.0とし2.8以上をコンピューター治療・処方に応用使用  

キーワード   皮膚病  背中  の皮膚病のいろいろ *
 
病 態 と 診 断
--------------------------------------------------------------
                        

1A
ハウスダストアトピー

 グレイド (3.8)  
重症型、全身が桃紅色となるアレルギー性皮膚病。

2B
アジゾン病
(副腎機能低下グレイド (3.5)
ステロイドの分泌低下症
)極少量の補充継続で治癒。

3C
毛包虫感染慢性型

グレイド (3.6)
ハウスダストアトピー・アジソン症と誤診し易い。

4D
クッシング症候群
・グレイド (3.7)
(副腎機能亢進・ステロイドの分泌増加症)分泌抑制をする。

5E
偽クッシング症候群

グレイド (4.0)
(
成長ホルモンの生産・分泌の低下症)治療は長くかかる。

6F
カラーミュウタント
グレイド (3.8)

(
特発性で原因不明)治療法が確立されていない。

7G
医原性クッシング症候群
グレイド (3.9)
(ステロイド剤の長期投与に起因する副作用の結果発症)

8H
亜鉛欠乏症
グレイド (3..8)

(
亜鉛の摂取不良・亜鉛の吸収不良・亜鉛の排泄増加が起因)

9I
去勢後皮膚炎
グレイド (3.8)
男性ホルモンの欠如
(雄犬の更年期障害)去勢の悪い傷害。

10J
セルトリー細胞腫
グレイド (3.6)
(睾丸腫瘍・女性ホルモンの分泌細胞の異常増殖分泌)

11K
甲状腺低下症
グレイド (3.5)
(甲状腺ホルモンT3の分泌低下がある)

12L
急性湿疹

グレイド (3.3)
(
春から夏に掛けて高温・多湿の気候変化で突然発症する)

13M
エーラスダンラス
グレイド (3.7)
(犬種・血統・遺伝が関与する皮膚が異常に伸びる症状)

14N
ダルメシアンアトピー
グレイド (3.6)
(ダルメシアン犬種のみに発症する湿疹)

15O
膿皮症
グレイド (3.5)
(表在化膿細菌感染・飛び火・過剰シャンプーの原因が多い)

16P
尋常性天疱瘡
グレイド (3.9)
(自己免疫性皮膚病・免疫不全で発症する難病)
17Q
尋常性天疱瘡
グレイド (3.8)
(自己免疫性皮膚病・免疫不全で発症する難病)
18R
尋常性天疱瘡
グレイド (3.9)

(
免疫抑制剤・ステロイドが効果をするが長くかかる難病)
19S
増殖性天疱瘡
グレイド (3.9)
(自己免疫不全が原因の
慢性皮膚病で治療は長くかかる
)
20T
皮腺炎
グレイド (3.9)

(
自己免疫不全性で皮膚の皮脂腺分泌が異常に働く皮膚病)

背中に起こる皮膚病は沢山あります 診断を正確にすれば確実に治ります

正確な診断が無ければ・正確な治療は出来ません

あくまでも診断が大切です

シャンプーは皮膚を痛めます 皮膚病を増悪するので気をつけましょう
 (人も犬も哺乳動物で人は去勢しないのに・去勢はホルモン不全を起こします) 

                                    TOPページに戻る

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

当院は皮膚科専門の病院で他の科目は診療しないので皮膚科以外は受付致しません

動物皮膚病図鑑    2015/03/01日号      通巻87号
キーワード    皮膚病  下腹部 の皮膚病のいろいろ **

グレイドとは皮膚病の重さを数値化して診断・治療の指針とする
最高を
4.0とし2.8以上をコンピューター治療・処方に応用使用  

  
 
病 態 と 診 断

1A
ハウスダストアトピー初期
グレイド3.3

下腹部薄い桃紅色・
舐性が観察できる

2B
ハウスダストアトピー中期

グレイド3.5

桃紅色の進行舐性増加・飼い主が気づく

3C
ハウスダストアトピー後期
グレイド3.6

炎症性増加・悪化進行・舐性極悪化

4D
ハウスダストアトピー
後期2 
グレイド3.7
炎症慢性化・
薄い色素沈着開始

5E
ハウスダストアトピー
後期3
グレイド3.7

炎症面の色素沈着開始・慢性化

6F
ハウスダストアトピー
後期4 
グレイド3.8

色素沈着から苔鮮化・
脂漏化開始

7G
ハウスダストアトピー
後期5 
グレイド3.8

色素沈着・苔鮮化症候群
(慢性型)

8H
甲状腺ホルモン低下
グレイド3.6

(
甲状腺ホルモンT3合併)苔鮮化症候群(慢性型)
舐性増加

9I
脂漏性皮膚炎 
グレイド3.6
・多くの皮膚病の終末の時期に発症する慢性症候

10J
脂漏性皮膚炎の慢性化
 グレイド3.9
 脂漏性雲脂・脂漏塊・ 舐性・掻痒の常習化

1K
医原性毛包虫症1
グレイド3.5 
毛包虫を確認せずステロイドの長期使用に依る毛包虫の
増加

12L
医原性毛包虫症2
グレイド3.6
ステロイド使用で毛包虫増加・慢性化した
色素沈着開始

13M
医原性毛包虫症3
グレイド4.0
下腹部の膨満・肝臓肥大・ステロイドの副作用

14N
膿皮症・(飛び火)
グレイド3.3
皮膚細菌感染・頻回のシャンプー操作に起因する
感染伝播

15O
下腹部膿皮症
グレイド3.3
患部の再三による舐性に起因する細菌感染伝播

16P
下腹部膿皮症
グレイド3.5
慢性化した結果・広域に細菌感染して増悪した

17Q
包皮膿漏症
グレイド3.2
包皮内の慢性細菌増殖・舐性増加が下腹部膿皮症の伝播の原因

18R
皮膚真菌感染
グレイド3.3
患部痂皮のウッド灯・直接顕微鏡検査・培養同定検査を実施

19S
医原性真菌感染症
グレイド3.5
診断確定せずにステロイドの長期投与に起因発症する

20T
蕁麻疹
 グレイド3.3
食事性アレルギーで特殊な食事に反応する即時性アレルギー

21U
偽クッシング症候群
(別名アロペシアX
ポメラニアン脱毛
)  
グレイド3.4

成長ホルモン不全症

22V
クッシング症候群

グレイド3.4
副腎機能亢進症
(ステロイドの分泌亢進症)
腹部膨大

23W
医原性クッシング症候群 グレイド3.6
ステロイドの長期投与に起因する糜爛など副作用

24X
医原性クッシング症群 グレイド3.7
下腹部の炎症・糜爛・ステロイドの副作用

25Y
全身性紅斑性狼瘡
  グレイド3.7
自己免疫不全性皮膚病
(免疫異常で自身の細胞を攻撃の結果)

--------------------------------------------------------------
                        
下腹部に起こる皮膚病は沢山あります 診断を正確にすれば確実に治ります

正確な診断が無ければ・正確な治療は出来ません

あくまでも診断が大切です

シャンプーは皮膚を痛めます 皮膚病を増悪するので気をつけましょう

 (人も犬も哺乳動物で人は去勢しないのに・去勢はホルモン不全を起こします)

                                             TOPページに戻る

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

動物皮膚病図鑑    2015/03/15日号      通巻88号

当院は皮膚科専門の病院で他の科目は診療しないので皮膚科以外は受付致しません

キーワード    皮膚病  内股部 の皮膚病のいろいろ **

グレイドとは皮膚病の重さを数値化して診断・治療の指針とする
最高を
4.0とし2.8以上をコンピューター治療・処方に応用使用  
 
 
病 態 と 診 断

A1
ハウスダストアトピー
グレイド
(3.5)

掻痒・舐性・桃紅色・炎症性を訴え来診する。
B2
ハウスダストアトピーグレイド
(3.6)
病期が進み脱毛範囲の拡張・炎症の痕に薄い色素沈着開始

C3
ハウスダストアトピー
グレイド
(3.7)

掻痒・舐性・桃紅色・炎症が進み色素沈着が広がる。

D4
毛包虫症(アカルス)
グレイド
(3.6
痒み止めにステロイドの使用で毛包虫の感染拡大した症状。

E5
毛包虫症
(アカルス)
 グレイド
(3.9)

長く毛包虫の診断がなく痒み止めのステロイドの使用で慢性化した毛包虫症例。

F6
甲状腺ホルモン
グレイド
(3.4)

被毛光沢減退し・乾燥した毛質と成り内股に色素沈着ょ始める。

G7
苔鮮化症候群
(慢性型)グレイド (3.4)

慢性の皮膚病を経過すると薄い色素沈着が開始してくる。

H8
苔鮮化症候群
(慢性型)
グレイド
(3.8)

慢性化した皮膚は厚みを増して皺を作り脂皮成分の分泌が起こる。

I9
苔鮮化症候群
(慢性型)
グレイド
(4.0)

慢性化して1年以上放置・経過すると広くこの様に色素沈着します。

J10
ケイレテイラ症
グレイド
(3.8)

ダニの1種の寄生で全身の皮膚・被毛に変化が発症します。

K11
セルトリー細胞腫・
グレイド
(3.8)

睾丸細胞の変異・増殖
(女性ホルモン分泌細胞)によるホルモン異常の皮膚病。

L12
 
脂 漏 疹・
グレイド
(3.6)

アレルギー・甲状腺不全・性ホルモン不全の慢性した合併症。

M13
 
脂 漏 疹・
グレイド
(3.7)

雄性・甲状腺ホルモン不全の慢性化した場合とアレルギーの合併に見られる変化。

N14
 
脂 漏 疹・ 
グレイド
(3.7)
)
雌性・甲状腺ホルモン不全の慢性化した場合とアレルギーの合併に見られる変化。

 O15
 脂 漏 疹・
  グレイド
(4.0)

不妊手術した雌・甲状腺ホルモン不全の慢性化した場合とアレルギーの合併に見られる変化。

P16
真菌症
(カビ感染)
グレイド
(3.4)
犬特有の寄生カビの感染・慢性化した変化で内服・塗布で治癒する。

Q17
マラセチア症(酵母菌)・グレイド (3.4)
犬・猫に何時も寄生している酵母菌が異常に増えた時に発症する。

R18
マラセチア症(酵母菌)・グレイド (3.6)
常在酵母菌がステロイドの使用により異常に全身性に増えた皮膚病。

S19
医原性クッシング症候群 グレイド (3.4)
診断がつかずに。長く痒み止めのステロイドの長期使用の副作用で発現

T20
医原性クッシング症候群 
 グレイド
(3.7)
19Sのさらなる過剰ステロイドの継続の副作用糜爛面の発生。

 

U21
医原性クッシング症候群 グレイド (3.8)
ステロイドの副作用で肝臓が肥大化して腹部の膨満し乳腺の肥大。

V22
医原性クッシング症候群
グレイド
(4.0
)
全身各所に慢性炎症面の出現・アレルギー症状を悪化させた様な変化を起こす。

W23
自己免疫性(紅斑性天疱瘡
グレイド
(3.4) 
免疫抗体の乱れに依り自身の細胞を攻撃して皮膚病を引き起こす。

X24
自己免疫性(紅斑性天疱瘡)
グレイド
(3.9)

斑状の炎症面を作り炎症は進行して糜爛・湿潤・悪臭を放つ。

Y25
自己免疫性
(紅斑性天疱瘡)
グレイド
(4.0)

生命の危険に及ぶ変化で治療効果が望めなくなる状態。


--------------------------------------------------------------

内股部に起こる皮膚病は沢山あります 
診断を正確にすれば確実に治ります

正確な診断が無ければ・正確な治療は出来ません

あくまでも診断が大切です

シャンプーは皮膚を痛めます 皮膚病を増悪するので気をつけましょう

 (人も犬も哺乳動物で人は去勢しないのに・去勢はホルモン不全を起こします)

                                                   TOPページに戻

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

動物皮膚病図鑑    2015/04/01日号      通巻89号

当院は皮膚科専門の病院で他の科目は診療しないので皮膚科以外は受付致しません

キーワード    皮膚病   大腿外側・膝・踵  部の皮膚病のいろいろ **

グレイドとは皮膚病の重さを数値化して診断・治療の指針とする
最高を
4.0とし2.8以上をコンピューター治療・処方に応用使用  
 
 
病 態 と 診 断

 1A 
アレルギー
 急性湿疹
   グレイド
(3.)
暖気な季節に突然発症する・温度・湿度が関与する。

 2B  
アレルギー
 ハウスダストアトピー・
  グレイド
(3.4)

発症後1ヵ月以上を経過している、舐性・掻痒・
炎症性が主な症状。

  3C
 
アレルギー
家庭ダニ症候群
 ハウスダストアトピー
   グレイド
(3.8)

慢性経過が相当長期間で広い脱毛域を形成している。

  4D
 アレルギー
  ハウスダストアトピー・・
  グレイド
(4.0)

数年以上経過している、全身性の掻痒・舐性・
炎症がある。

 5E
 アレルギー
  草木アレルギー
  グレイド
(3.6)
 
草むらを好んで散歩するときに起きる裂毛性脱毛を起こす症状。

F
甲状腺ホルモン低下・・
   グレイド
(3.5)
 
特に
T3ホルモンの低下が血液検査で確認出来る。

 7G
 毛包虫症
(アカルス)
    グレイド
(3.4)
 
軽度の毛包虫症
(アカルス)感染で薄い色素沈着開始がある。

 8H
   毛包虫症
(アカルス)・    グレイド (3.7)
 
慢性化した、栄養不足・
 被毛光沢消失の脱毛性の症状

 9I 
   毛包虫症
(アカルス)・     グレイド (3.8)
 
薬物性又医原性の急性の感染症の場合に見られる変化で劇症。

  10J
  
疥癬虫症・
    グレイド
(3.4)
 
全身性感染が想定される、内服・藥浴の治療が適している。

  11K 
疥癬虫症・
 グレイド
(3.7)

感染経過が長い時に全身性に感染が伝播し全身性の
脱毛が顕著。

  12L
 アカントージスニグリカンス・
家庭ダニ症候群
 グレイド
(3.7)
発症後2年以上経過している慢性経過を取る。

  13M
アカントージスニグリカンス・
 グレイド
(3.9)

発症後4年以上経過している難治性変化。

 14N 
   亜鉛欠乏性燐屑症・     グレイド
(3.8)
 
原疾患に付随して亜鉛欠乏が重複して発症する。

 15O
 常同傷害症・
  グレイド
(3.6)
 
精神・神経・飼育環境不全に随伴する自虐性皮膚・
 被毛の変化。

 

    16P 
   常同傷害・
   舐性皮膚炎・
  グレイド
(3.6)

  精神・神経・飼育環境不全に随伴する自虐性
皮膚炎症状。

  17Q 
    雄性ホルモン減退     グレイド (3.8)
  医原性皮膚病
(去勢の副作用)全身性の ホルモン失調性の皮膚病。

  18R 
類宦官症・
グレイド
(3.7)

 睾丸からの雄性ホルモン 分泌低下と雌性ホルモン  過剰の不全症。

 19S 
    卵巣摘出後皮膚病・     グレイド
(3.8)
 
不妊手術が原因の医原性雌性ホルモン失調性。

20T 
膿皮症
(飛び火)
 グレイド
(3.4)

 表在性細菌感染で
シャンプーにより広域に
 伝播し悪化する

 

 21U 
皮脂腺炎・
 自己免疫性皮膚病・
 グレイド
(3.8)
 免疫不全に依る全身性・
  難治性皮膚病。

  22V 
尋常性天疱瘡 
   
(自己免疫性皮膚病)
  グレイド
(3.8)
  免疫不全に依る全身性・
  難治性皮膚病。

  23W 
尋常性天疱瘡
  
(自己免疫性皮膚病)
  グレイド
(3.8)

  免疫不全に依る全身性・
  難治性皮膚病。

24X
皮腺癌・
   グレイド
(3.7)

 悪性腫瘍の癌腫・ 外科的切除を早期に摘出する。

25Y 
扁平癌・
  グレイド
(4.0) )
悪性腫瘍の癌腫・発見次第に外科的切除を早急に実施する。


                        
大腿外側・膝・踵部に起こる皮膚病は沢山あります 診断を正確にすれば確実に治ります

正確な診断が無ければ・正確な治療は出来ません

あくまでも診断が大切です

シャンプーは皮膚を痛めます 皮膚病を増悪するので気をつけましょう

 (人も犬も哺乳動物で人は去勢しないのに・去勢はホルモン不全を起こします)


                                                TOPページに戻る

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

当院は皮膚科専門の病院で他の科目は診療しないので皮膚科以外は受付致しません

動物皮膚病図鑑    2015/04/15日号      通巻90号
キーワード    皮膚病    大腿後面  部の皮膚病のいろいろ **

グレイドとは皮膚病の重さを数値化して診断・治療法・藥用量の指針とする
病態を
2.8から4.0の12段階に分類し、コンピューター自動処方・治療に応用使用  
 
 
病 態 と 診 断

 1A 
アレルギー
 ハウスダストアトピー グレイド (3.3)
軽度の脱毛、班性脱毛部に色素沈着開始。

B 
アレルギー
ハウスダストアトピー
グレイド (3.4)
中度の脱毛と
色素沈着開始。

C 
アレルギー
ハウスダストアトピー
グレイド
(3.5)
中度の広域脱毛と
 桃紅色の炎症皮膚炎

D
アレルギー
ハウスダストアトピーグレイド
 (3.7)
強度の広域脱毛と
 桃紅色の炎症皮膚炎。

E
苔鮮化症候群
(慢性型)・ グレイド (3.5)
範囲が限定している古い・長い皮膚炎で発症する。

F
苔鮮化症候群(慢性型)グレイド (3.6)
色素沈着した皮膚は厚く肥厚して堅くなっている。

G
苔鮮化症候群
(慢性型)グレイド (3.6)
色素沈着した皮膚は厚く肥厚して堅くなっている。

H
毛包虫症(アカルス)・グレイド (3.7) 
慢性化した、栄養不足
 被毛光沢消失の脱毛性の症状

I
 毛包虫症
(アカルス) グレイド (3.8)
診断治療不完全か
治療放置が1年以上
放置の症例。

10J
膿 皮 症

 (
細菌感染・飛び火)
 グレイド
(3.4)
 
膿皮症時にシャンプーすると伝播して増える。

11K 膿 皮 症
(細菌感染・飛び火)
  グレイド
(3.5)
 
不潔の環境飼育・
シャンプーのし過ぎ時に発生。

12L  疥 癬
(
疥癬虫の寄生)
グレイド
(3.)
 
ドックランドで遊んで
感染した症例
散歩時に注意。

13M  疥 癬  
 (疥癬虫の寄生) グレイド (3.7)
 
アレルギーとの誤診でステロイド剤使用例。

14 疥 癬
(疥癬虫の寄生)
 グレイド
(3.9)
  全身性に感染が広がった症状で飼い主にも伝播した。

  15O
 
甲状腺ホルモン低下
  グレイド
(3.6)

被毛の脱落・乾燥・色調低下・裂毛等の変化が特徴
ホルモンバランス失調

 

16P
去勢後
男性ホルモン失調性
  グレイド
(3.6) :
欠落した男性ホルモンの補充治療する。

17Q 
類宦官症
 
(男性ホルモン脱落症)  グレイド (3.5)
 
雄でありながら雌性ホルモンの分泌過剰症。

18R
黄体ホルモン過剰症
グレイド
(3.9)
 
発情後の黄体ホルモン過剰分泌に依る   ホルモン異常症。

19S
不妊手術後皮膚炎
  グレイド
(3.4)
 不妊手術後のホルモンバランス失調皮膚炎。

20T
  セルトリー細胞腫  グレイド
(3.9)
 
精巣(睾丸)に女性ホルモンを分泌する腫瘍細胞の増殖が原因。

 

21U
医原性クッシング症候群  グレイド (3.3) 
誤診・誤治療でステロイドの長期投与が原因で
発症。

22V
偽クッシング症候群
グレイド
(3.5)
 
成長ホルモンの生産・
分泌不全が原因の脱毛症。

23W
偽クッシング症候群・グレイド
(3.8)
遺伝・血統的に
成長ホルモンの生産・分泌不全が原因の
脱毛症

24X
慢性脂漏分泌過剰症
 グレイド
(3.7))  
診断が確定せず長期
対症治療の継続で
 脂漏分泌過剰となる。

25Y 類天疱瘡
(
自己免疫不全性皮膚病)グレイド (3.7)
診断・治療共に困難な
難病で長期治療を要する。


                        
大腿後面部に起こる皮膚病は沢山あります 診断を正確にすれば確実に治ります

正確な診断が無ければ・正確な治療は出来ません

あくまでも診断が大切です

シャンプーは皮膚を痛めます 皮膚病を増悪するので気をつけましょう

 (人も犬も哺乳動物で>
人は去勢しないのに,犬猫の去勢はホルモン不全を起こします)


                                       TOPページに戻る


************************************************************************************************************

当院は皮膚科専門の病院で他の科目は診療しないので皮膚科以外は受付致しません

動物皮膚病図鑑    2015/05/01日号      通巻91号
キーワード    皮膚病       部の皮膚病のいろいろ **

グレイドとは皮膚病の重さを数値化して診断・治療法・藥用量の指針とする
病態を
2.8から4.0の12段階に分類し、コンピューター自動処方・治療に応用使用  
 
 
病 態 と 診 断
1A 
アレルギー・
ハウスダストアトピー・
グレイド
(3.5)
 
肛門から尾裏の炎症性に慢性色素沈着

 

2B
アレルギー・
ハウスダストアトピー

グレイド (3.7) 
尾の付け根・脱毛・炎症・肥厚・掻痒・臭気

3C 
甲状腺ホルモン低下・
グレイド
(3.4
) 
被毛の色素脱落・乾燥・広域に発生・掻痒性の増加
4D 
膿皮症・
グレイド
(3.4)
 
飼育環境の悪化・脂漏・シャンプーなどで細菌感染・伝播が発生

5E
 膿皮症・
グレイド
(3.7
) 
尾脂皮腺亢進・脂漏性・湿潤に起因する細菌感染が増悪する

  

6F 
膿皮症・
グレイド
(3.8)
 
慢性疾患に付随する細菌感染が広域に伝播し掻痒・舐性の亢進

7G 
尾腺亢進・
グレイド
(3.2)
 
尾腺分泌の亢進の現象による舐性・裂毛・舐性・痂皮が
発生

8H 
尾腺亢進・
グレイド
(3.3)
 
尾腺分泌の亢進の現象による舐性・裂毛・短毛域の拡大

9I 
尾腺亢進・
グレイド
(3.4)
 
尾腺分泌の亢進で円形に形成する典型的変化・発毛困難

10J 
尾腺亢進・
グレイド
(3.6)

 尾腺分泌の亢進現象による舐性が尾の表面に普及する延長性

   

11K 
脂漏疹(尾表面)
グレイド
(3.8)

慢性皮膚炎の後遺症として皮脂分泌の過剰は燐屑多過

12L
脂漏疹
(尾裏面)
グレイド
(3.5)
慢性皮膚炎の随伴症として皮脂分泌の過剰は燐屑多過

13M 
ビタミン欠乏症・
グレイド
(3.4)

 ビタミン
EF剤の吸収低下又は欠乏に起因する脱毛症

14N 
ビタミン欠乏症・
グレイド
(3.6)
 
ビタミン
EF剤の吸収低下又は欠乏に起因する脱毛症

15O 
偽クッシング症候群・
グレイド
(3.8)

 成長ホルモンバランス失調に起因する特異症

 

16P 
偽クッシング症候群・
グレイド
(4.0)
 
成長ホルモン生産・分泌失調に起因する特異症

17Q 
苔鮮化症候群・
グレイド
(3.5)

慢性皮膚疾患に付随する皮膚肥厚・脂漏・色素沈着

18R 
苔鮮化症候群・
グレイド
(3.9)

慢性皮膚疾患に付随する重篤な皮膚肥厚・脂漏・色素沈着

19S
毛包虫症
(アカルス)
グレイド
(3.4)
 
皮脂分泌の皮膚は毛包虫の繁殖が容易な場所

20T 
毛包虫症(アカルス)
グレイド
(3.6)
 
犬全体に毛包虫に感染していた、検査不十分例

  

 

21U 
毛包虫症 (アカルス)
グレイド
(3.7)
 
犬全体に毛包虫に感染を見逃していた、検査不十分例

22V 
疥癬(カイセン)
グレイド
(3.4)
 
感染中度の皮膚炎で炎症・掻痒強く・舐性も強かった

23W 
疥癬(カイセン)
グレイド
(3.8)
 
全身に感染が広がり同居犬にも感染が有った栄養低下

24X 
疥癬(カイセン)
グレイド
(3.9)
 
全身に感染して炎症・掻痒が激しかったステロイド錠投与あり

25Y 
常同傷害(自虐性・神経性)・グレイド (3.7) 
孤独な飼育環境での神経障害
(ノイローゼ)

                        
尾 部に起こる皮膚病は沢山あります 診断を正確にすれば確実に治ります

正確な診断が無ければ・正確な治療は出来ません

あくまでも診断が大切です

シャンプーは皮膚を痛めます 皮膚病を増悪するので気をつけましょう

 (人も犬も哺乳動物で>
人は去勢しないのに,犬猫の去勢はホルモン不全を起こします)



                                             TOPページに戻る

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

動物皮膚病図鑑    2015/05/15日号      通巻92号
キーワード    皮膚病   外陰   部の皮膚病のいろいろ **

グレイドとは皮膚病の重さを数値化して診断・治療法・藥用量の指針とする
病態を
2.8から4.0の12段階に分類し、コンピューター自動処方・治療に応用使用  
 
 
病 態 と 診 断

1A
 
アレルギー・
ハウスダストアトピー・
グレイド(
3.3

桃紅色の炎症・舐性・掻痒性は初期症状・舌下減感作療法が有効

 

2B
アレルギー・
ハウスダストアトピー・
グレイド(
3.4

舐性に依る脱毛性・桃紅色の炎症・舐性が強くなる・舌下減感作療法が有効

3C 

アレルギー・
ハウスダストアトピー・
グレイド(
3.4

舐性に依る脱毛性・桃紅色の炎症に皮膚の肥厚が発症・舌下減感作療法が有効


4D 
アレルギー・
ハウスダストアトピー・
グレイド(
3.5

舐性に依る脱毛域の拡大性上方向に進行・皮膚厚みの増加・慢性型

5E

アレルギー・
ハウスダストアトピー・
グレイド(
3.5

舐性に依る脱毛域の皮膚肥厚して皺襞形成開始・長期治療を必要とする


  

6F 
アレルギー・
ハウスダストアトピー・
グレイド(
3.6

舐性に依る脱毛域の皮膚肥厚して炎症性痕に色素沈着開始する・炎症を放置する

7G 
アレルギー・
ハウスダストアトピー・
グレイド(
3.6

炎症・舐性に依る脱毛域の拡大は内股に延長する亜急性型・消炎剤の効果が期待

8H 
常同障害(神経障害)
グレイド(
4.0

飼育環境の不全・飼い主との接触低下に依る不満が神経障害に移行して発症・患犬とのコミニケイションで改善

9I 
甲状腺低下・不全・
グレイド(
3.3

甲状腺ホルモン特に
T3ホルモンの生産・分泌不全が関与して発症・転換酵素不全が原因

10J 
急性湿疹・
グレイド(
3.6

気候・温度・湿度の急激な変化が突然に発症するが短期間に治癒する・抗アレルギ−剤を推奨する

   

11K 

蕁麻疹・
グレイド(
3.4

薬物・食餌・接触性の即時反応するアレルギー体質が誘引となる

・多くは短期間に消退する


12L
偽クッシング症候群
(別名・アロペペシア
X

グレイド(3.9
成長ホルモン生産・分泌不全で犬種・血統・遺伝が関与し脱毛・色素沈着が主な変化で長期間の治療が必要

13M 
皺襞性皮膚・
グレイド(
3.9

特定の犬種・肥満タイプ・皮下脂肪の増加が起因する脱毛と軽い炎症性が特徴・根治は困難

14N 
不妊手術後変化・
グレイド(
3.5

卵巣切除に起因する卵巣ホルモンの生産・分泌の欠除となり更年期障害に分類出来る・卵巣ホルモンの補充

15O 

不妊手術後変化・
グレイド(
3.6

卵巣切除に起因する卵巣ホルモンの生産・分泌の欠除となり更年期障害・脱毛域の拡大・卵巣ホルモンの補充


 

16P 
苔癬化症候群・
グレイド(
3.4

発症原因は別で症状名・皮膚の慢性炎症の結果色素沈着・皮膚肥厚となる・色素沈着除去剤の塗布

17Q 
苔癬化症候群・
グレイド(
3.5

発症原因は別で症状名・皮膚の慢性炎症の結果色素沈着・皮膚肥厚・皺襞となる・色素沈着除去剤の塗布

18R 
苔癬化症候群・
グレイド(
3.6

発症原因は別で症状名・皮膚の慢性炎症の結果色素沈着・皮膚肥厚・皺襞が進行する・色素沈着除去剤の塗布

19S
癬化症候群・
グレイド(3.7

発症原因は別で症状名
皮膚の慢性炎症の結果色素沈着・皮膚肥厚・皺襞が極度に進行・色素沈着除去剤の塗布する


20T 

慢性脂漏・鱗屑性・
グレイド(
3.7

炎症性が軽いが・鱗屑の増加が顕著な変化・鱗屑除去剤の塗布を連用


  

 

21U 
カンジダ症
(皮膚酵母菌感染)
グレイド(
3.6

消化器性感染菌が皮膚・粘膜部に増殖して軽度の皮膚病を起こす・抗真菌剤の塗布薬と内服

22V 
疥癬症
(カイセン虫の寄生
グレイド(
3.4

感染中期で掻痒・脱毛性は限定している・この時期なら治癒が早い・殺ダニ剤の内服・薬浴


23W 
毛包虫症
(別名アカルス)
グレイド(
3.5

外陰部から肛門・尾の裏側にかけて乾燥しない部位に感染が広がる・殺ダニ剤の内服・薬浴

24X 
毛包虫症
(別名アカルス
グレイド(
3.7

感染から大分経過が長い症状で色素沈着が進んでいる治療は長く罹る・殺ダニ剤の内服・薬浴・色素沈着除去剤の塗布

25Y 

自己免疫不全
(全身性紅斑性狼瘡)

グレイド(3.7
全身性に発症する紅斑と糜爛・脱毛・炎症性で元気沈滞する予後が悪い・所謂難病に分類



                        
 外陰部に起こる皮膚病は沢山あります 診断を正確にすれば確実に治ります

正確な診断が無ければ・正確な治療は出来ません

あくまでも診断が大切です

シャンプーは皮膚を痛めます 皮膚病を増悪するので気をつけましょう

 (人も犬も哺乳動物で>
人は去勢しないのに,犬猫の去勢はホルモン不全を起こします)

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                                 TOPページに戻る