28.皮膚病治療・看護の条件 (必読)

  皮膚病は永く慢性化する病気です 根気よく治療してください
  皮膚病は皮膚科医で・・
外科医、眼科医では治らない・専門の動物病院へ  
  人の能力に限界あり・1人で多くの科目の診断・治療は無理・不完全
  1科目毎に専門医制度
(人の病院は科目毎に専門医が専従)動物病院は???
   
皮膚科の正確な検査と診断が付いてから治療開始 
   
      診断名無くしての治療は無謀で無意味

1. 皮膚病にはシヤンプーは禁止・ 感染を広げ悪化する ドライシヤンプーを推薦・水・湿気は細菌の繁殖を増加する・乾燥は細菌感染、悪化を防止して皮膚を保護する 2. 運動・散歩後の足洗いは禁止・拭くだけ・乾燥がアレルギーの予防
 運動・散歩は舗装道路・人・車の多い所・視覚刺激でホルモン分泌が良くなる
3.  食餌の改善 ドライフード1/2 人食事(味あり)1/2. 朝は牛乳.晩は味噌汁を与える

4.食餌の量 散歩・年齢・環境・食質で排糞の形状で決める 5. 食餌は1日3回(2回では可哀想)人と同じに3回が犬が喜ぶ 6. 内服薬は1日3回分服が血中濃度を最適に維持する

7. 抗生剤は細菌検査無しでは原則禁止・暗闇に鉄砲で有効確率が悪い 8. 外用・塗布薬後に20分散歩して薬を忘れさせる 9. 去勢・不妊手術はいけません・人ではしません 手術後にホルモン失調・更年期・皮膚病を誘引します
 
貴方の子供に去勢・不妊手術をしますか・動物虐待になります

10. ビタミン(A&E剤)は皮膚・被毛の改善維持に必要ですから毎食に補給 11. 一般血液検査は皮膚病では2-3ヵ月毎に皮膚経過と比較評価する 12. ホルモン検査は3-6ヵ月毎に皮膚経過と比較評価する
甲状腺ホルモン4種類T3が大切

運動・散歩は舗装道路・人・車・多い繁華街
神経刺激はホルモン生産・分泌を促進・代謝を促進して・健康維持になる
 未舗装・叢・公園・ドックランドは避ける
少し早足で運動・散歩が刺激となる

 

姥車では散歩・運動になりません


 犬の健康食は人と同じ 甘い 辛い 塩分 必ず与える 味無しは動物虐待
 
 ビタミンAEF カルシウは毎食配合給餌する

 被毛の伸び 光沢は健康のバロメーターで観察で判定

                             Topページに戻る

-----------------------------------------