寒 冷 凝 集 素 症  (血行障害)     
  

  原因 自己免疫不全による免疫障害が耳介の抹消血管の塞栓を起こし患部細胞・組織が壊死する
 
      皮膚病(所謂シモヤケの重症変化)アレルギー体質が関与している可能性が高いが未解明の部分が多い。

  症状 耳介辺縁・末端に限定して発症するが、犬種特異性は認められない、季節は冬季に多くが初発の

       傾向がある、また若年齢に発症が認められている。

       皮膚変化が進行すると組織の壊死・脱落・欠損が発生して耳介の不整形が残る。

           
以下に耳介変化の軽症から・重症までと血液凝集素検査を示します

    診断 稟告・現症・視診で判断が可能

    検査 血液検査で凝集反応を調べる。

    治療 自己免疫性皮膚であるから、免疫抑制剤・抗アレルギ−剤・消炎剤の長期内服・抗生剤は効果が認められない。

         患部塗布薬は通常の塗布薬・抗生剤・消炎剤に反応が弱く、銀製剤が有効例が認められる。

    予後 上記治療法の継続で治癒するが、内服薬の逓減療法が良い。


                                                  Topページに戻る

*******************************************************************************************************************
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
                  寒 冷 凝 集 素 症  17.06.01  通巻151号

       プロフィール

   
 ミニダックス 2歳 不妊雌 4.5kg 

   生後10カ月で不妊手術する、その後2カ月後に耳介尖端に異常に発見し近くの動物病院での診断は血管炎の診断で

   シクロスポリン
10mgの内服指示を受け、抗生剤の塗布薬と5日に1回のシャンプーを指導されたが5か月経過したが

   経過が思わしくなく紹介で来院した。

             来 診 時 の 写 真 8 枚

A 顔貌・正面で皮膚科的変化は感じられない、鼻鏡の色素脱楽・ピンク色

B 対側非刈毛の患部は炎症性で赤みが強く、舐性が強く感じられる

C 古い患部の耳介尖端は壊死して脱落して平たく成っている

D 古い患部の耳介尖端の裏側からの写真

E 軽症な耳単の表側で尖端が僅かな病変が認識出来る

F 軽症の変化で耳翼の内側からで尖端からの変化が認められる

G 対側疾病患部の表側・非剪毛部の状態

H 対側疾病患部の裏側・軽度の剪毛部の状態

   視診 両側の耳介尖端の壊死・脱落は寒冷凝集素症の典型的変化

  検査 稟告、現症で特別の検査は必要でない

  診断 犬種特異性の寒冷凝集素症

  治療 抗アレルギ−剤の内服処方13回分服・銀軟膏の塗布薬を11回塗布

   指導 シャンプー禁止・銀軟膏の塗布後繁華街の10分程散歩する

                                                              

                                      Topページに戻る
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++