2018/11/15 177号
   
アロペシアX・治療センター

 
アロペシアX・診断・治療
 解説 図解 症例集  右写真クリック

   皮膚科専門動物病院 


 44.皮膚病犬の飼育管理
・細目

  9.自己免疫不全性皮膚病 

 
65・アレルギー・舌下免疫療法

 43* 飼主の皮膚病 診断学*

 皮膚科・セカンドオピニオン(診断・治療)回答

 40.皮膚病メール診断・相談・細目

 1・犬アレルギー皮膚病の患部写真で診断

** 41.困った皮膚病の必読-知識 **


 
皮膚科専門歴45年で皮膚科以外の診療お断り

  52.獣医師専用・臨床資料ページ
 ポメラニアン脱毛・偽クッシング症候群
      
アロペシアX


初診時の画像(胸側面左右対称性の脱毛色素沈着)



    ↑AACP内服150日の被毛改善・回復
 月日を掛けて必ず被毛の回復・治癒可能

 皮膚病は皮膚科で  何故 内科・眼科・外科・循環器科などの病院で診断・治療を ? ? ? ? ?

  //////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

********************************************************************************************************************************

      
* 診察予約は・土・日・火曜の午前9時り午後4時迄。*

              院長高齢で週3日のみ限定診療
            
                 
電話 0466-22-3981  時間外は留守電に成ります  

            
神奈川県藤沢市鵠沼松が岡2-17-5

  //////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

         
アロペシアX       ポメラニアン脱毛

   
   偽クッシング症候群・成長ホルモン不全

**
去勢・不妊手術はホルモン不全の原因(更年期障害・ホルモン不全)*人て゜は手術をしません**

 *** 
ホルモン不全は皮膚病を誘発の原因 * 生後2年以内は禁止・未成孰に成る **

 皮膚病は250以上あり、難しい病気なので・地域の 
専門病院で正確な診断と治療
 

            アロペシアX   ポメラニアン脱毛  症例集

脳下垂体前葉ホルモン機能低下が原因・犬種・血統・遺伝子が関与しているので特別処方で治癒する

          ↓ 初診時の脱毛・粗造な被毛・光沢無く・皮膚は炎症性・軽い色素沈着がある ↓

 偽クッシング症候群 (別名)ポメラニアン脱毛   (別名)アロペシアX (別名)成長ホルモン不全症


 体側性の薄毛・脱毛が顕著


 尾の薄毛・病的脱毛が有る


  全身の被毛光沢低下・乾燥


  脱毛皮膚に色素沈着
    内服治療継続  最短数ヶ月が必要  長くても18カ月で効果発症現 治療早期中止で再発が有る

     ↑  内服治療開始半年から1年経過後の被毛は完全に復帰  ↑ 

脳下垂体前葉ホルモン機能低下が原因・犬種・血統・遺伝子が関与しているので特別処方で治癒する

            ↓ 初診時の脱毛・粗造な被毛・光沢無く・皮膚は炎症性・軽い色素沈着がある ↓


     初診時 重症脱毛

   初診時被毛乾燥

    初診時広域脱毛


       脱毛


完全回復する


見事な被毛に


患部完全回復


見事に完全回復

       ↑  内服治療開始半年から1年経過後の被毛は完全に復帰  ↑

*********************************************************************************************************************************

   ↓ 初診時の脱毛・粗造な被毛・光沢無く・皮膚は炎症性・軽い色素沈着がある ↓ 

初診被毛乾燥・光沢無 初診首・背中・色素沈着  初診・全身の被毛減退  初診・脱毛と色素沈着

乾燥被毛改善


色素沈着消失発毛

正常被毛復帰

早期回復被毛
AACP内服開始6ヵ月発毛完全 AACP内服開始4ヵ月発毛完全 AACP内服開始5ヵ月発毛完全 AACP内服開始5ヵ月発毛完全

  ↑  内服治療開始半年から1年経過後の被毛は完全に復帰  ↑

 当・皮膚科専門・特別処方薬10数種類の相乗効果で被毛改善する。

  従来の2-3の薬剤では効果が無いので20数年間の治験からの新処方薬

  ステロイド剤・抗生剤無使用・副作用の無い・安心安全の内服薬

    飼育・管理を同時に指導・アドバイスで治療効果促進します。

   +++ 
アロペシアX・の予防・改善方法 +++

                1.夜更かしせず睡眠を充分に・・・・・・・・・・早寝
        2.朝日にあてるホルモン刺激・・・・・・・・・・早起
        3.AACPを規定の1日3回の内服・・・・・・・・厳守



*****************************************************************************************************************************
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



    *ハウスダストアトピー・家庭塵埃がアレルギーの大半を占めています*
   食餌性アレルギーは極めて少なくフードを変えても治癒しないのが普通です
  
** 掃除機の粉末5-7gを持参すると減感作液が出来・原因療法可能**

 塵が原因のアレルギー  ハウスダストアトピー  慢性ハウスダストアトピー  ハウスダストアトピー


 3年間他院で治療中


 脂漏性アレルギー


 
典型的ハウスダスト


 慢性アレルギー


 内服開始2年良好


 舌下減感作療法1日2回


 炎症掻痒低下


  抗アレルギー剤効果
 抗アレルギ−剤12種複合処方  減感作療法継続が効果 舌下減感作療法が効果 シャンプー禁止で回復

  アレルギー体質改善には最短2年から4年掛ります、舌下減感作療法で期間が短縮されます

     アレルギー・膿皮症にはシャンプーは絶対禁忌で実施しないで下さい。
 シャンプーの3-4日後から皮膚が悪化かするのがその証拠です、いけません。


  液体シャンプーは界面活性剤が皮膚のバリア機能を破壊してアレルゲン侵入・細菌感染を悪化します
    
粉末タイプのシャンプーは副作用の被害は起こしません安心です。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

*********************************************************************************************************************


    /// ステロイド錠の長期内服は皮膚に障害・悪影響を起こす原因 ///

      ***ステロイド錠の長期間使用すると下写真の副作用が出現する***


   
ステロイド錠は犬・体重1kg当たり0.1mg以下が適正使用量で換算すると
 (1錠は犬の55Kg体重1日分に相当)
投与用で(過量・長期投与は副作用の原因)
?? 通常11kgの犬には1/5錠以下が1日の正規使用・・・貴方の患犬に換算して ??

      
ステロイドの副作用臨床例

        以下の症例は当院で初診時の副作用で来診・写真例



 脱毛皮膚硬結色素沈着


 全身脱毛結節掻痒


 誤診断で過量内服


 皮膚硬結多数


 皮膚硬結広範囲


 点在性皮膚硬結


 硬結・糜爛・痂皮


 炎症・硬結・糜爛

            抗生剤を使用しても効果はありません 無駄な医療です
       /// 副作用に気付かず内服続けると下図の様に悪化が進行します ///



首から肩が初発


患部は固く成る


点状硬結炎症


全身に変化波及


下腹内股に病変


皮下に硬結特徴


粟粒硬結結節点


広範囲に硬結結節点

***罹患血液の自家洗浄治療法の継続が効果的***

 ---- 正確な診断が付かず ステロイドの使用は大変危険な行為です ---

                 皮膚病で困っている人に当院のホームページを教えて



   ********************************************************************************************************************************
************************************************************************************************************************************

         膿  皮  症    (細菌感染皮膚病)
 
アレルギー体質では皮膚常在菌は
温度湿度(シャンプー)膿皮症を発症し易く成る

シャンプーの反復・舐めて広がり 包皮膿漏を舐めて患部の拡大  慢性化した広域細菌感染 急性湿疹をシャンプーで拡大

  シャンプーの界面活性剤は皮膚の脂質バリヤを破壊して細菌感染を増悪する

アレルギー体質は細菌感染に弱  自己免疫不全性と誤診断が多い 毛包虫・疥癬虫感染に併発症 皮膚塗布・軟膏の不適切

         膿皮症には細菌の感受性培養検査して抗生剤を選定するのが正しい

    
+++細菌検査検査せずの抗生剤処方は・治癒する確率は低下する+++

 
 ***皮膚寄生疾患(毛包虫・疥癬虫・真菌)を除外・鑑別診断を確認する***

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


  * 診察予約は・土・日・火曜の午前9時より午後4時迄。*
                    電話 0466-22-3981     時間外は留守電に成ります



  //////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
**
去勢・不妊手術はホルモン不全の原因(更年期障害・ホルモン不全)*人は手術をしません**

 *** 
ホルモン不全は皮膚病を誘発の原因 * 生後2年以内は禁止・未成孰に成る **

 皮膚病は250以上あり、難しい病気なので・地域の 
専門病院で正確な診断と治療

               65.アレルギーに免疫療法
                 皮膚病で困っている人にホームページを教えて

アレルギーは2-3種の錠剤では治らない、13種類の内服混合粉薬で治癒

    愛犬の皮膚病 (病名が付いていたら該当画像クリック)=リンクします 

     
***  対象病名・画像へリンク・そして診断・治療の資料  *******

 1.アレルギー     2.毛包虫
  (アカルス)
 3. 疥 癬   4 .膿  皮 症  5..苔癬化症候群  6.脂漏症候群
 7.クッシング症候群  8,ポメラニアン   脱毛  9.自己免疫不全  10.ホルモン不全  11.アジソン病 12.マラセチア感染
 13.真菌(カビ)  14.常同障害(神経) 15.カラーミュータント 16 .面 包(ニキビ) 17.ステロイド副作用 18.パターン脱毛
19.肢端舐性皮膚炎   20.湿 疹 群   21.外 耳 炎  23 耳介.寒冷凝集素  22.医原性クッシング 24食餌アレルギー
25.皮膚腫瘍・癌  26.ダニ症候群  27.中毒性皮膚病  肉球間アレルギー  42. 禿 頭 症  65・免疫療法



  
**************************************************************************************************************************************

                     ** 41.皮膚アレルギー・必読知識 **
////////////////////////////////////////////////////////////////////////
  

           
シヤンプーで感染拡大

足洗禁止・指間水分残留
  
 抗生剤は細菌検査後
抗生剤は安易に使用しない

 去勢・不妊手術をしない
 ホルモン失調の原因

  40 皮膚病メール相談      26ダニ症候群      28皮膚病看護の条件(必読) 

 ****  30 誰でも出来る皮膚病患部から 病名・症状解説・リンク   ********

      
もし診断名が不詳ならば上を選択クリックして・病名と重さを検索し治療の参考になります

    皮膚病の重さを
12段階(2.8-4.0)の数字で表現し診断・治療の高度精密化し役立てます

               
  31.頭部      32.肘・前肢        33.指間      34 .口唇・頬・頸      35.耳       36.鼻      37・胸腹側 

                 
 38.眼瞼周囲       39.肉球      40.背中       41.下腹部      42.内股     43.大腿膝踵    44.大腿後面

           
順次該当する写真を探す*
  
   45.尾           46.外陰          47.腋窩
   
                                ** 皮膚アレルギー・必読知識 **

   皮膚病図鑑(1400枚以上)
を患犬と比較対照して診断・治療の資料としてください

  貴方の愛犬・皮膚病の参考になりましたか  モノ言わぬ動物に優しく 早く治してあげて下さい 

     
  皮 膚 病 相 談        自院処方 特 効 薬 頒 布    

50.皮膚病相談 51.セカンドオピニオン   52膿皮症特効薬 苔鮮化・色素沈着特効薬 慢性外耳炎特効薬

  皮膚病図鑑(1400枚以上)を患犬と比較対照して診断・治療の資料としてください

     +++++++  獣 医 師 専 用  ++++++++

        .52獣医師専門図書・・.臨 床ソ フ ト  ・・・・ (エクセル・・パワーポイント)

アレルギー診断治療 毛包虫診断治療 61.アレルギー処方ソフト 62.偽クッシングソフト 63. 64

獣 医 師 募 集
当皮膚科専門病院では獣医師(経験者)を募集しております
皮膚科専門治療に興味のある方は履歴書及び職務履歴書をご郵送下さい


     
********   病  院  案  内   **************
             .診療時間・休診日・・診療スタッフ・・地図       

70.診察受付 71.皮膚病メール診断 獣医師・スタッフ 75.案内地図

             診 察 日  院長高齢で週3日のみ診療  予 約 制 で す

  
 診察日  土曜  日曜  火曜  8.30--12.00  13.00--16.00
         日時を電話 予約してお出で下さい 
         それ以外は留守番電話で 応答出来ません
 

************************************************************************************************************************                                   

   皮膚病図鑑(1500枚以上)を患犬と比較対照して診断・治療の資料となりましたか

      ///////////////////////////////////////////////////////////
       皮膚病 でお困りの方・相談に乗ります 皮膚病・有料相談コーナーに
       遠隔地の方・セカンドオビニオン・診断・治療に別記ページの詳細をご覧ください

** 
17.ステロイド副作用  紹介
 
    TOPの 28・皮膚病看護の条件
必見.−写真をクリック
             ** 41.皮膚アレルギー・必読知識 **