アロペシアX 診断・治療(画像説明)

  1.病 状 群
      
小型犬種(ポメラニアンが最多・ミニチュヤープードル・マルチーズ・シーズー) 被毛は白色系統犬
        
初発年齢 1歳から12歳 性別 雄雌無関係 不妊雌 去勢施術差別無し 顔貌・幼稚タイプ 
        
発育体型普通以下 頸部体側面脱毛 被毛乾燥 光沢感減退 頭部四肢は被毛正常 陳旧皮膚炎症
        脱毛部の色素沈着
 掻痒性は皆無
               
顔貌・幼稚タイプが特徴 


    横浜・雄・5歳

  静岡・去勢雄・4歳

   埼玉・雄・5歳

  神奈川・雄・5歳


    東京・雄・5歳

  埼玉・去勢雄・4歳

    東京・雄・4歳

 静岡・去勢雄・4歳

発病は年齢に関係無く・顔はいつも幼い子供じみている・特徴(診断ポイント)

    
2.系統的 発症順位
      
頸部-胸ー腹-大腿側面・下胸・腹部・大腿後面・尻・尾の順位・左右対称性の脱毛
    ** 白色指示環・発症部位&順位 **
     
初期--被毛乾燥・薄毛-皮膚の炎症-患部拡大化
     中期--
左右対称性の被毛劣化・脱毛・薄い色素沈着
     後期発症--慢性化皮膚・
色素沈着増加
     全期--掻痒性・体臭変化無し・性別・元気・栄養状態・初発年齢不特定



 1.頸部が初発部位薄毛・炎症性桃紅色

 2.頸部から体側面・尻の順に脱毛拡大

 3.病期の進行で脱毛域の拡大

  4..慢性化は脱毛域の色素沈着

 5.大体側面に脱毛域拡大

  6.体側面左右対象性脱毛

  7.背中から腰に拡大病変部

   8.首から下胸に脱毛

   9.下腹部に炎症性脱毛

   10.尾に炎症性脱毛 

  11.肛門周囲炎症性脱毛

  12.大腿後面・脱毛・色素沈着


    
3.皮膚変化・病状の数値化 (アナログを--デジタル化)
      
皮膚病状を13段階の指数化す
      
通常は軽症・中症・重症の分類
        皮膚科では
13段階に分類して処方・投薬を細分化している
      
病状のグレイド化・画像の分析・分類・被毛-皮膚変化基準

 
 重症から軽症の順に病状(重さ・)を詳示
     

 グレイド4.0 最悪期    グレイド 3.9 悪期 グレイド 3.8 悪期     グレイド 3.7
    グレイド 3.6     グレイド 3.5 グレイド3.4回復期 グレイド3.3回復期
   グレイド  3.2     グレイド 3.1     グレイド 3.0 グレイド2.9治癒期

       尾の脱毛状態
    
病態が進むと尾に変化が出現する

  グレイド 4.0 最悪期    グレイド 3.9 最悪期   グレイド 3.8 悪期     グレイド 3.7
   グレイド 3.6    グレイド 3.5    グレイド 3.4     グレイド 3.3
      グレイド 3.2      グレイド 3.1      グレイド 3.0 グレイド 2.9 治癒期


   
4. 検 査

  
アロペシアX・に関しては 一般的および特殊検査での特徴的変化は見られない
   
ホルモン検査・アレルギー検査・免疫検査・皮膚病理学検査等で異常は無検出
    通常の肝臓・腎臓・膵臓・機能検査のみ3ヵ月毎に健康維持の比較検証のみ必要。
     
高価の検査は不必要で無駄な結果と成ります
   初診時の被毛・皮膚の視診・検査を詳細に各部位のグレイドを確認が大切。
   患犬のグレイド判定はAACPの処方と治療の経過に関与するので大切。

   
5. 治 療 法
    アロペシアX・用の市販の既成錠剤薬品は有りません
  当院独自の10数種類の処方剤を1日3回内服継続し被毛の回復まで継続指導。
    2-3の薬品・錠剤では治療効果を期待出来ず、治療の失敗例になります。


   
当院の40数年間皮膚の治験を積み重ねた結果、特別処方が完成して効果を発揮。
     
その特別処方を AACP と命名して十数年間常用しています。
     
今迄・アロペシアXは特効薬は皆無でしたが・進歩し今は良く治癒する時代
 
     最近はAACP・1日3回内服例での治癒症例写真を以下に提示します。
 
        
治療を放棄された患犬が遠方より多く来診。

   +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

     
6. 治 療 症 例 内服開始4-15ヵ月以内で発毛完成する

170401・初診・福岡・
 トイプードル・4歳
 171105・初診・ポメラニアン・埼玉・雄・4歳  170903・初診・大阪・
 トイプードル・5歳
 180318・初診・5歳・
 ポメラニアン・東京
 AACP・内服開始・
14ヵ月・福岡・
 治癒期
 AACP・内服開始・
 12ヵ月・埼玉
 治癒期
 AACP・内服開始・
 10ヵ月・大阪
 治癒期
 AACP・内服開始・
 5ヵ月・東京
 治癒期


  
初診の・グレイドの数値差で発毛開始・毛並みの伸長・回復・期間の差が起きる

180429・初診・静岡・6歳 180418・初診・静岡・
 雌・4歳
184029・初診・東京・   6歳 171104・初診・東京・  雌・4歳
 AACP内服開始・5ヵ月・静岡・治癒期 AACP内服開始・4ヵ月・
  静岡・治癒期
AACP内服開始・5ヵ月
 東京・
治癒期
 AACP内服開始・9ヵ月  東京・治癒期


 
現今有効な市販薬の販売がない、巷間では2-3の錠剤効果報告が有るが不確定。
     
    アロペシアXに1-2種類の錠剤使用では治癒は困難、
        
当院では10数種類の薬剤での相乗効果
を期待・治癒が望める。

    
     
臨床経験豊富な獣医師
      
経験豊富な皮膚科医は高価な検査をせず、病歴・問診・患部の皮膚変化等の総合で診断確定する。
       臨床歴が長いほど多くの症例を経験している。
     
臨床歴の浅いか・短い医師
      
アロペシアXの治療経験が少ない全科目を診療する医師は高価の検査・治療をしても治癒しない
        
臨床経件が少ないと・何かと検査をしないと自信と診断力の不足。
     時には去勢・不妊手術を薦めるが・去勢雄・不妊雌でも発病している

   
7. 皮膚科専門医     科目別診療制度
    各県に皮膚科のみの専門医(全科目診療では無い)を探して診断・治療を受ける。

        
自称・皮膚科専門医と称している・実は全科目診療の病院が多い。
        一人で全科目を診療するスーパーマン医は皆無・各科目別医が当然。
        
 例えば 大人の病気に小児科での診療を受けますか???
        
目が悪ければ眼科・心臓の病気は循環器科・胃腸の変化は消化器内科へ・
      
皮膚の変化は皮膚科へ外科は皮膚科ではありません。
          
アロペシアX・は皮膚科のみの獣医師の診察・治療を受けましょう・
        

   
8. セカンドオピニオン
     
 アロペシアX・の診断・治療結果に不審が有れば愛犬の為の行為
       近隣に皮膚科専門医がない場合は皮膚科専門医を探し相談・診療を依頼する
        
近隣の皮膚科に強い専門医に検証・診断を依頼するのがセカンドオピニオン
         
電話 0466-22-3981  土・日・火曜日 9.00-16.00
              指定日時・以外は留守電になります

   *** 近隣に皮膚科に強い動物病院・二次診療医を探す・診断を受ける ***
   
9. メール相談
     コンピューターの時代・検索で皮膚科・専門医を探し・メールで相談。
     
近隣に該当する皮膚科専門医がない場合は
         患犬の履歴と写真を添付してメール診断・治療を受ける。

       
皮膚科に強い医師・病院が無い時はメールで診断を受けるのが最適。
      メール相談は   まず電話連絡してから

   
10. 近隣に皮膚科・専門医が居ない場合
             診察予約     
     
電話 0466-22-3981  土・日・火曜日 9.00-16.00
              指定日時・以外は留守電になります
   
      
                                      TOPページへ  

////////////////////////////////////////////////////////////////