(臨床獣医師・動物病院専用ページ)

D犬毛包虫症

4.化膿性全身性慢性毛包虫症

要約

近隣の7軒の動物病院で毛包虫症の治療を受けていたが、治療効果がなく次第に悪化するので 動物病院の紹介で来診、治療開始後約70日で正常に複帰治癒した

臨床写真17枚で解説してある


初診時の写真 感受性検査デイスクでポリミキシンBとミノマイシン、ドキシサイクリンのみが有効で その他の薬剤18種類に効果が無い結果で耐性菌が感染していた
 
左は初診時の病態 右は治療開始後70日の改善されて被毛が良く伸長している
 
2枚共 治療開始後70日の見違えるほどに良くなり 食欲 元気も罹患前に復帰している
 

編集内容

症状写真枚42掲載


D3.細菌感染性毛包虫症   D5.慢性全身化膿性毛包虫症

皮膚科臨床治験例 各論詳述画像・処方細部記載 TOPページに戻る

皮膚科 動物病院 HOMEに戻る